スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド』でゲスト出演!

オラシオ監修『中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して』DU Bookの刊行を記念して、dues新宿で開催されたトークイベントにゲストとして出演しました!

DU BooksのFacebookページでの当日の紹介記事



中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド (ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して)中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド (ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して)
(2014/11/21)
オラシオ

商品詳細を見る


この本が新刊情報で流れた時、「なんでオレにも声かけかったんだ……」とブツブツTwitterで呟いていたら、監修者のオラシオさんに気が付かれ、終いにはDU Booksの筒井さんから出演のオファーを受けた次第です。


この私、趣味は共産趣味ですが、それ以外にはマイナー国のデスメタルやブラックメタル、ヒップホップを開拓するのも趣味でして、一時はポーランドのヒップホップをかなり聞き込んでました。


そして当日、会場には『ポーランドにおけるヒップホップ・カルチャー』という論文を書かれたPaulaさんもいらっしゃる事を直前に知り、ビックリ! 数年前に、日本でポーランドのヒップホップを聴いてるのなんて、自分ぐらいしかいないだろうと思っていた頃に、ネット上で発見していて驚いていたのです。


ポーランドにおけるヒップホップ・カルチャー


ただ自分の好みの音楽や「カッコイイ」とされる音楽を、こういう音楽が馴染みのない人達に聴かせたって、意味がないので、面白いバンドを中心に紹介しました。


すると結構馬鹿ウケ! そこで当日流した曲のプレイリストを紹介しましょう。一番最初に流したのはVader。でも別に今は好きじゃないし、ポーランドのデスメタルの歴史を語るに当たっての導入で紹介しただけで、実際流したのは数十秒ぐらい。



ポーランド デスメタル Vader  De Profundis
90年代中盤に出したアルバムが世界的に人気を博した。旧共産圏出身で最も著名か。


吉本秀純さんがチェコアニメを導入したテクノを紹介されたので、それに関連させて;



チェコ アヴァンギャルドデスメタル Duobetic Homunkulus Kreveťácká Rovnačka Přihýbáním
サウンド・オブ・ミュージックのカバーでアバンギャルドデス。チェコ風アニメ。大変態。


その後、オラシオさんが伝統音楽を取り入れたポーランドのジャズを紹介されたので、東欧やロシアではフォークメタルという伝統音楽を取り入れた音楽が流行っているという話に持っていき;



ハンガリー ペイガンメタル Dalriada: A Dudás (official videoclip) - Napisten Hava CD
メタル不毛国と言えるが近年民族主義風のペイガンメタルが流行っており秀逸なビデオ。


続けてこうしたネアカなエスニック風フォークメタルは問題ないが、危ない奴らもいるという例を挙げ、



ポーランド ネオナチブラックメタル(NSBM。本人達は否定) Graveland - Powstaniemy ponownie (2014)
言わずと知れたネオナチブラックメタルの元祖。ジャケットがベルばら風。重い。



スロバキア ネオナチブラックメタル Ürdüng - Look At The Brightness Of The Rising Swastika
ナチス傀儡のスロバキア独立国だけあって、ネオナチ賛美。意外とメロディアス。


この時点で時間的にほぼ終わりに近づいているので、ラスト一曲として紹介。これが会場の爆笑を誘う;



チェコ スラミングデスメタル Epicardiectomy - Live at Mountains of Death 2010
重さを追求したスラミングスタイルでパラパラ踊り。ファッションはヒップホップ



以下は結局、時間がなくて紹介出来なかったものです。



ハンガリー ヒップホップ TheShowCrew - Ketrec
言語が独特でモンゴロイド風の風貌。テクノのグリッチサウンドが効果的




スロバキア ブルータルデスメタル CRANIOTOMY- Mr.Butcher HD
モダンスタイルでデジタル感があるスラムスタイル。それまでスロバキアは芋臭かった。




ポーランド ヒップホップ donGURALesko & Matheo - Idziemy Po Swoje
中近東風のメロディが特徴で、金正日に似てる。


 

番外編 チェコ 珍バンド名 ディプレッシブ・ブラックメタル ██████ - I
バンド名が世界一変というだけ。


あとなるべくビジュアルで見て貰った方が分かりやすいとおもったので、YouTubeのリンクがあるものに絞られてしまっていますが、予備の為に音源だけのCDも持参していました。

曲名は省きますがバンド名を挙げるとBrotherhood, Furia, Silent Stream of Godless Elegy, Cerebral Turbulency, Cruadalach, Dead Infection, Decapitated, Don Guralesko, Intervalle Bizarre, Lykathea Aflame, Non Koneksja, Pigsty等。


そこから更に予備のYouTubeリンクも用意してあり、それらは

Behemoth - Ov fire and the void (uncensored HQ).mp4
https://www.youtube.com/watch?v=bJda0_NIBaQ

Pisty https://www.youtube.com/watch?v=juUb6DLdJKA

!T.O.O.H.! - Právo
https://www.youtube.com/watch?v=0uibZrKzZ1Y

ALIENATION MENTAL - Ball Spouter - Psychogenes
https://www.youtube.com/watch?v=u7K2DbAqX7g

lykathea aflame - bringer of elvenefris flame
https://www.youtube.com/watch?v=eimRwSbq2bk

Brotherhood - Synovia Peruna
https://www.youtube.com/watch?v=MSePhXbylyw

KerecsenSólyom - A Hősök Mulató Mezeje
https://www.youtube.com/watch?v=Glts2DLfcDw&feature=youtu.be

Passover 1944 - Sirrah
https://www.youtube.com/watch?v=4_c_USaCv7Q

DALRIADA - Hajdútánc (2011) official clip
https://www.youtube.com/watch?v=9F7b4skyUy4

Niburta - Awakening - EP version - ( OFFICIAL VIDEO )
https://www.youtube.com/watch?v=gNUErr-3pS8

Dead Infection-From The Anatomical Deeps
https://www.youtube.com/watch?v=rVoPwBwEPp8

VADER - Never Say My Name (OFFICIAL MUSIC VIDEO)
https://www.youtube.com/watch?v=nL_LUbr60CA

donGURALesko - BETONOWE LASY MOKNĄ (TOTEM LEŚNYCH LUDZI)
https://www.youtube.com/watch?v=FsKfqfUxSTU&list=PLB95F50521D0F5283

donGURALesko - BRAGA 30 (TOTEM LEŚNYCH LUDZI)
https://www.youtube.com/watch?v=4utCX_DHVuo

Lukasyno NON Koneksja - Owiany Tajemnica
https://www.youtube.com/watch?v=18ahOn9ZONw


あとはトークの時に話すメモ帳として、各国別の重要バンドのリスト

チェコ
!T.O.O.H.!
Alienation Mental
Arakain
Carnal Disfigurement
Cerebral Turbulency
Congenital Anomalies
Contrastic
Cruadalach
Duobetic Homunkulus
Eardelete
Epicardiectomy
Fleshless
Godless Truth
Imperial Foeticide
Ingrowing
Intervalle Bizzare
Jig-Ai
Krabathor
Lykathea Aflame
Pathologist
Perfecitizen
Pigsty
Sekhmet
Silent Stream of Godless Elegy
██████
!úl

スロヴァキア
Craniotomy
Dementor
Diftery
Eternal Bleeding
Ürdüng
Galadriel
Brotherhood
Sirin
Hromovlad

ハンガリー
Dalriada
Depths of Depravity
KerecsenSólyom
Sear Bliss
Tormentor

ポーランド
Antigama
Behemoth
Besatt
Christ Agony
Damnable
Dead Infection
Decapitated
Furia
Goetia
Graveland
Infernal War
Jar
Kat
Luna Ad Noctum
Massemord
Night of the World
Pyorrhoea
Radogost
Suffering
Sirrah
Stworz
Vader
Yattering

とだいぶ長くなってしまいましたが、実際、話せたのはほんの少し。もっと話したかったですが、それはまた別の機会に。特に私、この四カ国だけ専門的に追究しているという訳ではないのですけどね。


前記、Paulaさんが精力的に日々ポーランド音楽情報を配信しているブログは

Muzyka Polska 〜ポーランドの音楽が好き〜

これかなり凄いです。特にデスメタルなどはバンドのサイトやfacebookなど情報が英語で書いてあるのが世界的な標準フォーマットですがヒップホップやポップス情報は現地の言葉で書かれている事が多くて、情報収集が大変です。なのでかなり有り難い情報源ですね。

今回のイベントはほとんどヒップホップについて語れなかったので、これもまた別の機会に紹介してみたいものです。

しかもこの四カ国の中で私がある程度聞き込んだのはポーランドで、他の国は最近の動向をキャッチしていないので、集中的に発掘する必要がありそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド

吉祥寺のブックスルーエで『ベスト珍書』刊行記念、『ベター珍書』フェア始まりました!

ベター珍書

吉祥寺のブックスルーエで『ベスト珍書』刊行記念、『ベター珍書』フェア始まりました! ハマザキカク等身大パネルも3年ぶりに復活です!


ベター珍書

ベスト珍書』では強烈なエクストリーム本ばかり紹介しました。読者レビューでもたまに『ベスト珍書』で紹介している珍書に対して、「読みたいとは思わない」「欲しくない」という感想が見受けられます。


実際その通りで、私自身、『ベスト珍書』で紹介した本、書き上げるまで半分以上持っていませんでした。別に欲しくないからです。元々そうしたキワモノ珍書を愛読しているとか、愛蔵しているという訳では全くなく、珍書編集者としてマークしていたというだけなのです。


ただその後、ラジオ出演が続いたので現物を紹介する為に、多数仕方なく買いましたが……。


しかしそれでも入手不可能なものが多いのも事実です。国会図書館にしかない本や、発禁本、僅少本、同人誌、買い切り本が多いからです。


そういう事もあってか、『ベスト珍書』で紹介した珍書を取り寄せてフェアを開催するというのは、事実上不可能でした。


ベター珍書


そんな中でブックスルーエの花本さんから、どうにか『ベスト珍書』フェアを開催出来ないかという提案を頂きました。


そこで私の方から『ベスト珍書』の選書作業を進めている中で、強烈な珍書ではないけれども、「おー、面白そうだな」と思ったり、「読んでみたいなー」と思ったプチ珍書を数多く目撃したので、そうしたものをメインにセレクトした『ベター珍書』フェアはどうか?と逆提案した所、妙案だという事となり、開催するに至ったのです。


ベター珍書

『ベター珍書』の主人公である『ベスト珍書』のハマザキカクによるサイン本が置いてあります。数に限りがあるので、お早めにゲットして下さい。


お隣は朝日出版社から出ている『エリイはいつも気持ち悪い エリイ写真集 produced by Chim↑Pom 』のサイン本です。


ベター珍書

フェア棚の右の方からは、私が編集した比較的珍書度が高い本も置かせて貰っています。一番右には『ベスト珍書』の海外版と言ってもいい、どどいつ文庫著『世界珍本読本』です。十分なスペースがなかったので棚サシになってしまっていますが、『消滅した国々』『完全自殺マニア』『共産主婦』『ハーフマニア』『ゴム銃大図鑑』など。


そしてその横からは最近、GIGAZINEに取り上げられて、大いに話題になり、現在、Amazonでも在庫切れ中の『絶対に解けない受験世界史』、ハマザキカク編集の珍書として知名度の高い『エロ語呂世界史年号』、今年の中盤に出した『超高層ビビル4』、そして珍書としてはロングセラーの『いんちきおもちゃ大図鑑』が面陳で並んでいます。


ベター珍書

左の方には私としてもかなりプッシュしている、「面白い珍書」が目白押しです。例えば『1本の弦だけで1曲弾ける楽々ギター』 は書名通りの本で、かなり笑えますが、結構実用的です。ブルータルデスメタルなどは、逆にコードを覚える必要はほとんどなく、短音それかせいぜいパワーコードをひたすら高速ピッキングで弾く演奏法です。

『安くてもスゴイ! ジェネリック家電の世界』はあまりにもカバーがダサいですが、ほとんど同じ機能なのに有名メーカーのものに比べて遙かに安い家電製品を紹介したもの。ニセモノのカタログを見ているようで、笑えます。

『チャーリィ古庄の世界の旅客機捕獲標本』、これは今回フェアで選書したものの中でもイチオシで、飛行機を標本かの様に集めたもの。世界中のドマイナーな航空会社や政府専用機まで載っていて、見ているだけで楽しい。


ベター珍書

ヤスナリオさんの『メタルめし!』も選書。ダジャレセンスが親父並です。ヤスナリオさんとは、この前、『ベスト珍書』と同じ中央公論新社の『リクルートという幻想』の常見陽平さんや文芸誌ダヴィンチの編集長でブラックメタラーとして知られる関口さんらと、メタル飲み会で直接知り合いになりました。


『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に』や『東京マニアック博物館おもしろ珍ミュージアム案内』などが置いてありますが、ここでどうしても置きたかった今話題の『日本懐かし自販機大全』はあいにく在庫切れで取り寄せられませんでした。


ベター珍書

『動物うんこ図鑑』は特例として『ベスト珍書』でも紹介していますが、あまりにも面白いので取り寄せました。

『あなたもできる! 奇跡のロックバランシング』、これは私より先にルーエの花本さんもツイッターで報じていたほどの珍書。


ベター珍書

他にも花本さんが大プッシュしている『よみがえるケイブンシャの大百科』や『大根おろしアート』など、実際欲しくなってしまうゆるふわ系の珍書も複数。


そして私個人としては最近の中では最もインパクトがあった『妄想彼女』も取り寄せました。この本は気持ち悪い……。この本だけは実際、欲しくもないかな……(笑)。でもやってる事は大爆笑もの。


……と全部説明する訳にはいきませんが、実際に欲しくなってしまう様な、魅力的な珍書が勢揃いです。実際、このフェアを設営し終えて、撮影しようと思った直後に、置いてある本を読み耽ってしまって、なかなか移動してくれないお客さんが多数出てきてしまって、夜も遅いのに30分ぐらい待たなければいけないハメに陥ったのです。


という訳で『ベター珍書』では本当に面白い本が沢山置いてあるので、是非ご来店頂いて、そして実際買ってみて下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : ブックスルーエ ベスト珍書 ベター珍書 ハマザキカク

『絶対に解けない受験世界史』が書泉ブックタワーで

発売直後、Amazonでは世界史だけでなく、全ての学科の受験参考書のランキングで1位にランクインし、そこからわずかほんの少しの間で在庫切れになり、そのまま在庫切れの状態が1ヶ月近くも続いた、『絶対に解けない受験世界史』。


この危機的販売状況を打開する為に、緊急で秋葉原の書泉ブックタワーで大々的に平積みで置いて貰う事になりました。この『絶対に解けない受験世界史』、Amazonだけでなく、楽天やhontoなどほぼ全てのネット書店でも長期間、在庫切れが続いていて、実店舗で入手する以外になかったのです。尚、今日現在では在庫薄感は薄まってきてます。

絶対に解けない受験世界史

なお11月7日刊行の『週刊読書人』の7面には『絶対に解けない受験世界史』の著者である稲田義智さんと私の対談が掲載されています。


週刊読書人のサイトの該当ページ


◆特集=『絶対に解けない受験世界史』を刊行した稲田義智氏・ハマザキカク氏に聞く

★若者の将来を左右すると言っても過言ではない大学入試。その重大な試験において、悪問や出題ミスが毎年生まれていることはあまり知られていない。社会評論社より刊行された『絶対に解けない受験世界史』には、主に早慶上智大学の入試問題を俎上に載せて、悪問・難問・奇問・出題ミスと判断すべき問題について解説した一冊である。著者の稲田義智氏は受験世界史研究家であり、長年大学受験産業に携わってきた。こうした問題がなぜ生じるのか。出題者側は何を考え試験問題を作成しているのか。稲田氏にお話を伺った。この本の編集を務めたハマザキカクさんにも話に加わってもらった。




絶対に解けない受験世界史


それで書泉ブックタワーではこんな感じで一回の「ヤバイ本」フェアの棚の最前列で平積みさせてもらっている状況です。ついでに弊社の受験世界史売れ筋参考書、『エロ語呂世界史年号』も置かせて貰っています。


絶対に解けない受験世界史


ポップやパネルを届けたその日に撮影したので、まだ写真ではきちんと写っていませんが、こんな感じです。きっと書泉ブックタワーを訪れたお客さんの目を奪う事でしょう。


絶対に解けない受験世界史

あと左側の方には私の著書『ベスト珍書』のサイン本が置かれています。既に3分の1無くなったらしいので、結構なハイペースで売れているらしいです。こちらもオンライン書店では在庫薄ですし、サイン本、もしかしたら将来価値が出るかもしれないので、是非、書泉ブックタワーで買ってみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 絶対に解けない受験世界史 稲田義智 エロ語呂世界史年号

2014年1月23日東京MXテレビ『5時に夢中!』に出ます!

以前、『装丁ジャンケン』というコーナーに出演した事がありますが、また明日、東京MXテレビの『5時に夢中!』出る事になりました。といってもそんなに長くはないと思います。

是非、録画予約の設定を!



5時に夢中!のサイト



私が『エロ語呂世界史年号』で登場した時の紹介サイト



エロ語呂世界史年号 (エロ語呂暗記法)エロ語呂世界史年号 (エロ語呂暗記法)
(2010/02)
江口 五郎

商品詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加

『渡辺孝行10年展』で『ハーフマニア』先行販売してます!

渡辺孝行展示会


『ハーフマニア』のカリカチュアを描いてくれたドローイングスタジオ・マネジメントのリーダー、渡辺孝行さんの活動十周年を記念して開催されている展示会で『ハーフマニア』が先行販売されています! 本日2013年12月11日から開催しているのですが、昨晩一足早く納品しに行きました。


渡辺孝行さんのブログ:いよいよ明日から「10年展」始まります!


渡辺孝行展示会

向かって左が私で右が渡辺さん。初対面の時、お互い失笑してしまう程ソックリ。渡辺さんにはプロボクサーの弟がいるのですが、その弟より私の方が渡辺さんに似ているぐらい。

おまけに凝り性で追求心に溢れる性格まで似ています。私が日本の漫画やアニメが苦手でも、アメリカのカリカチュアが好きなのは、その極端さや緻密さ、精巧さが、ある意味私が愛好するブルータルデスメタルと似ているかもしれません。


渡辺孝行展示会

この写真の左手に映っているのは渡辺さんの仲間の花木マロンさん。CGを用いたカリカチュアの技術を確立し、カバーの土屋アンナ等をお描きになられました。


渡辺孝行展示会

展示会場の入り口。『ハーフマニア』の前作とも言える『人種マニア』も置いています。ここで『ハーフマニア』の販売も始まっています。今現在、日本全国で『ハーフマニア』を入手できるのはここだけです。書店で販売されるのは早くても12月18日頃なので、一週間以上早く入手できる訳です。カリカチュア、あるいはハーフが好きでたまらない方は、是非、この展示会にご来場下さい。

尚、渡辺さんが同時に制作された『デフォルメ似顔絵で読み解く顔相診断』という本は、別の出版社から出る予定だったらしいのですが、その出版社の都合により制作が遅れ、結局、渡辺さんの自主制作版がこの展示会でお披露目という事らしいです。数が百部しか用意されていないらしいので、これもお早めにゲットをお薦めです。


渡辺孝行展示会

私が訪れた時はまだ設営の途中でしたが、会場はこんな感じでした。何度かカリカチュア実物は見た事がありますが、やっぱりディスプレイや本で見るより生は迫力が全く違います。是非、現場で生カリカチュアを見てみて下さい。


渡辺孝行展示会

渡辺孝行さんは世界カリカチュア大会チャンピオンなど数々の受賞歴があり、そのトロフィーなど。また今年の春から夏頃に『笑っていいとも!』で開催された「イタズラ心のある似顔絵コンテスト」でも3回連続優勝しました。その時のメダルも映っています。動画はこちらなど。



このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。