スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

出版業界の飲み会で、必ず争奪戦が起きるハマザキカク名刺

濱崎誉史朗名刺英語
英語面の名刺

ネットでのプロモーションの必要性を感じて開始した、「Cool Ja本」ブログですが、その登場と同時に名刺もイメチェンの為に新しく作り直していました。それが上の画像です。

このインパクト大の私のカリカチュアを描いてくれたのは、日本を代表するアメリカン・カリカチュアリスト渡辺孝行さんです。カリカチュアという似顔絵のジャンルは、まだ日本では世間一般にまでは浸透していませんが、アートに敏感な人達の間で人気急上昇中です。

Kageさんというカリスマ・カリカチュアリストが率いるカリカチュア・ジャパンという会社があります。ここの「アーティスト紹介覧」を見ると、今現在日本で活躍中のカリカチュアリスト達が大勢在籍しているのが分かります。

『ほったいもいじるな』のイラストを描いてくれた「さつ」も在籍しています。さつは去年のISCAカリカチュア世界大会で四位です。渡辺孝行さんは三位です。


ほったいもいじるな―外国人に、声に出して読んでもらいたい日本語ほったいもいじるな―外国人に、声に出して読んでもらいたい日本語
(2010/03)
根本 陽一

商品詳細を見る



渡辺孝行さんも過去にカリカチュア・ジャパンに所属しており、トップアーティストとして活躍されていました。2009年に独立され、ちょうど『人種マニア』が刊行された去年の10月に自身が率いる、株式会社ドローイングスタジオ・マネージメントを設立しました。


人種マニア―有名人のエスニックルーツをカリカチュアで大紹介!人種マニア―有名人のエスニックルーツをカリカチュアで大紹介!
(2010/10)
著者:渡辺孝行
編集:濱崎誉史朗
装幀:濱崎誉史朗
DTP:濱崎誉史朗
イラスト:渡辺孝行

商品詳細を見る


それでこの渡辺孝行さんによるカリカチュア名刺、出版業界の飲み会に行くと大人気! 他のテーブルの人まで直参に来て、ねだられます。かなり大量に刷ったのに一瞬で無くなってしまい、追加で印刷したのに、それもまた無くなりそうです。私とこれから会う人で名刺が欲しい人は、私が忘れる前に欲しいと声をかけて下さい。

名刺を交換した後ってちょっとどこから話を始めていいか分からなくて、気まずいですが、この名刺になってから、一瞬でウケるし、場が和みます。「これCG? どうやって作ったの?」「いやいやこれは、渡辺孝行さんというカリカチュア・アーティストに描いてもらったもので、『人種マニア』という本を作って貰ったんです」と、ちゃかり宣伝までできます。

濱崎誉史朗名刺日本語
日本語面の名刺

企業でも写真付きの名刺を作るのが流行っていますが、自分の顔と個人情報が載った名刺を持たされるのに抵抗を覚える会社員の人達は多いと思います。

そこで写真ではなく、「カリカチュア」で社員の顔を載せるのはいかがでしょう? カリカチュアであれば誰だか識別できるほど人相のリアリティを保ちながら、ある程度デフォルメされているので、写真ほど神経質にならずに済みます。また第一印象で笑いを取れるので、その後の商談もスムーズに進みます。もしそんな名刺を会社のスタッフ全員分一斉に作りたいと思われた方は

株式会社ドローイングスタジオ・マネージメント

に依頼してみましょう。

あと名刺以外にも例えばTwitterとかFacebookなど、オンラインのサービスなどのプロフィールでどうしても顔を載せないといけない場合、実際の写真を載せるのはやはり躊躇してしまいますよね。

そんな時もカリカチュアで描いて貰えば、目を惹くし覚えやすいです。写真を載せる場合、どうしてもそんなつもりはなくても、格好良く、もしくはカワイク映ったものを選びがちです。その結果、実際の人相からかけ離れた美男美女だらけになっていますが、実際会うとガッカリ……。他人から見ると「嘘こけ! お前もっとブサイクだろう!」といった逆効果なプロフィール画像だらけです。

かといってわざとありのままのブサイクな写真を選ぶ訳にもいかないし、綺麗に映っている写真をアップしたせいで、ナルシストだとも思われたくないし……。

そんな自意識過剰さに苛まれる方々にとっても、カリカチュアをプロフィール画像にすれば、全てが一気に解決します。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 渡辺孝行 人種マニア ドローイングスタジオ・マネージメント カリカチュア・ジャパン Kage さつ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。