スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グロテスクでありながらもどこかカワイク見える動物の顔面を集めた『きもかわくん』


きもかわくん 不思議でかわいい生物たちきもかわくん 不思議でかわいい生物たち
(2008/02/21)
写真提供:AFLO
Bookデザイン:ヤマザキミヨコ
本文デザイン:ヤマザキミヨコ、笹田陽子(Mario Eyes)
DTP:伊草亜希子(Mario Eyes)
編集協力:今村享嗣
発行所:アスペクト
商品詳細を見る


本来なら「本郷左翼出版四社対決フェア」という形で、インパクト出版会、新泉社、緑風出版、社会評論社の組み合わせの方が誰もが納得行くと思うのですが、お陰様で有隣堂ヨドバシAKIBAで開催されている「サブカル四社対決フェア」のうち、アスペクト、彩図社、ミリオン出版、そして社会評論社が参加しています。


世界飛び地大全―不思議な国境線の舞台裏 (国際地理BOOKS (VOL.1))世界飛び地大全―不思議な国境線の舞台裏 (国際地理BOOKS (VOL.1))
(2006/08)
吉田 一郎

商品詳細を見る


アスペクトはあまり説明の必要はありませんが、『世界飛び地大全』の吉田一郎さんの

中国アナーキー―爆裂!無軌道!の90年代中国 (特集アスペクト)中国アナーキー―爆裂!無軌道!の90年代中国 (特集アスペクト)
(1998/10)
吉田 一郎

商品詳細を見る

などを10年以上も前に出しており、個人的には昔から最も好きなサブカル的な出版社の一つです。実は2010年5月頃、ジュンク堂新宿店で開催されていた「晶文社創業50周年フェア IN ジュンク堂書店新宿店6F」の「面白い出版社」棚の中で關根志芳子さんによってアスペクトミシマ社、そして社会評論社の三社が選ばれていました。ですのでこれでアスペクトと一緒のフェアで登場するのは二回目です。

ジュンク堂新宿店面白い出版社2


「晶文社フェア」の注文短冊が来た時、どうせ他にも面白い出版社として50社ぐらい選ばれていて、社会評論社もその中の一つだと思っており、査察に行かなかったのですが、ふと新宿に立ち寄った時、見に行ったらなんとこの三社だけが選抜されており、あまりの光栄ぶりにただただ恐縮し、後日改めて關根さんにご挨拶にお伺いに行った次第です。


ジュンク堂新宿店面白い出版社1

あとサイゾーのインタビューを受けた後、サイゾーの北村さんやインタビューしてくれた有田シュンさん達と内々的に開催させて貰ったお祝いにアスペクトの編集長も来てくれて、何かと主観的にはアスペクトとは関わりがあると独りで思っているんです。

それで私は毎日必ずRSSでTRCデータ部ログ 日刊新刊全点案内 新刊一覧をほぼ漏れなく全てチェックしているのですが、「おおっ!」と冷や汗をかかされた頻度数で恐らく上位五本の指に入る、極めて一方的にライバル視している出版社がアスペクトです(アスペクトはこっちの事なんとも思っていないと思いますが……)

多分今後もこのブログでしょっちゅうアスペクトの本は紹介していく事となると思うのですが、『きもかわくん』が出版された時も「ドキ」っとしましたね! まずカバーからして大インパクト。カバーに載っているのはClavelina Moluccensisという学名でツツボヤという生物の仲間だそうです。当の生き物はそんなつもりはないのに、人間からみたら人相に見えるのが不思議ですね。

この本ではちょっと見た目が気持ち悪いのに、何だかかわいらしくも見える、変な顔をした生物の写真を多数収録しています。ドゥクラングールはこういう人相の人が実際いるぐらい人の顔に見えるし、チョウテンガンはウケを狙った漫画イラストの様です。ハシビロコウはもはやアニメの悪役にしか見えません。

こういう変なモノを集めたカタログチックな本は好きだなー。コンパクトに可愛らしくまとまっており、珍書が好きな人は見ていて楽しいと思います。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : アスペクト ジュンク堂新宿店 晶文社創業50周年フェア ミシマ社 きもかわくん ツツボヤ ドゥクラングール ハシビロコウ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。