スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人類史上最悪のフレンドリー・ファイアー(友軍によって攻撃される事)、『原爆で死んだ米兵秘史』


原爆で死んだ米兵秘史原爆で死んだ米兵秘史
(2008/07)
著者:森重昭
発行者:高城直一
発行所:光人社
装幀:熊谷英博
印刷所:技秀堂
製本所:東京美術紙工
商品詳細を見る


先日紹介した『日本軍兵士になったアメリカ人たち』と同じぐらい、個人的にはメガトン級の第二次世界大戦秘史。実際、伝説のフェア(当社比)『Cool Ja本』でも、この二冊は外国人からの反応が良かったです。こちらの本もGoogleで検索しても88件しか出てこないのですが、もっと世間で知って貰らってもいい名著だと思います。

執筆された森重昭さん自身も被爆者で郷土史家として、都市伝説化していたアメリカ軍兵の被爆者の謎に迫ります。詳細は本を読んで頂ければと思いますが、広島にはアメリカ軍捕虜が拘禁されており、アメリカ軍はそれを承知の上で原爆を投下したみたいです。

原爆が落ちてから二十四時間後のこと、相生橋で赤、緑、黄のトランクスを履いた若者が後ろ手に針金で縛られ、傾いた電柱につながれていた。それは一人のアメリカ兵であった。今まで見たこともないほどハンサムであったと田村は語っている。このとき田村は妻を捜していた。ところが見つからない。相生橋のところを通りかかると、東詰で一人の老婆が泣き叫びながら、この米兵に向かって石を投げていた。
その後、アメリカ人の若者は死んだ。三日後、自転車販売店店主によってこの兵士は埋葬された。


この時殺されたアメリカ兵の恐怖心、絶望感、祖国にいる家族への想いを想像すると、言葉になりません。彼個人の一生は何だったのか。祖国によって見殺しにされ、無政府状態の敵国の中で、リンチされながら死ぬ非情。身を置き換えてイメージするだけで辛い。イラク戦争の時もアメリカの民間軍事会社の傭兵が、リンチ殺害され、死体を市中引き回されましたが、それと似たような事が70年ほど前の日本でも起きていたかと思うと、考え込んでしまいます。

また驚くべき事に長崎でも八人のオランダ軍捕虜と一人のイギリス軍捕虜が、被爆死した事が記されています。更に驚くべき事に被爆時に広島に幟町教会という名の教会があったのですが、そこで数人のドイツ人神父が被爆しています。枢軸国とは言え、外国人が当時広島にいた事が驚きです(五月七日にドイツは連合国に対して降伏しており、原爆投下時の日本とドイツの関係は非常にアンビバレントだったので、神父といえど民間ドイツ人が抑留されずに町中にいたのが不思議)。ドイツ人神父は日本軍将校に脱走米兵と誤解され、殺されかけたとの事です。

この本全体のトーンがアメリカを糾弾するだけに徹したり、素朴に原爆の悲惨さを情緒に訴えてくるのではなく、あくまでも同じ被爆者として対等な視線で、淡々といかにしてアメリカ軍人が被爆死するに至ったかを、推理小説の様にスリリングに解き明かしており、著者の誠実さがひしひしと伝わってきて、感銘を受けました。

ちなみに言うまでもなく版元の光人社は戦記物、ミリタリー物で知られる出版社ですが、この本を印刷したのは弊社の『ゴム銃オフィシャルガイドブック』や『超高層ビビル』を印刷している技秀堂です。何という偶然。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 原爆で死んだ米兵秘史 森重昭 日本軍兵士になったアメリカ人たち

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名鉄バス 時刻表

★Merry X’mas★★2010年Xmas新作★【NAISSANCE】Shiny times(輝きの時)シリーズ2羽の鳥が合わさるとき、2人の時は流れ始める…☆『シャイニー』何故GAORA: ジャーメインじゃないダイのblog ... ちょっとだけ観戦 (mingoh's観戦レポート); ミュンヘン関連...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。