スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

古田雄介さんの『故人サイト』完成しました!

故人サイト

古田雄介さんによる『故人サイト 亡くなった人が残していったホームページ達』が完成しました! 中身をお見せします。カバーはこんな感じです。遺影とタブレットをイメージ。

故人サイト

帯を取ったところ。スタイリッシュです。

故人サイト

第一章は「突然停止したサイト」。運営者も自らの死を予期していなかったものです。

故人サイト

飲酒運転を自画自賛していた高校生が事故死。その後、自業自得という非難が殺到してしまった。

故人サイト

つい先日閉鎖されてしまったが、特例として巡礼サイトとしても最も有名だった飯島愛さんのブログを紹介。

故人サイト

各章末にはコラムが設けられています。これは運営主が死んだ後、ホームページがどういう顛末を迎えるかの分析。

故人サイト

飯島愛さんと似てますが、急逝された小悪魔agehaで人気だった方のブログ。

故人サイト

右ページにあるのは、消滅したサイトをどうやって復元して閲覧するかの方法。各章の末尾にはネット検索テクニックを披露。

故人サイト

あるバンドマンのブログ。走行中の車の中から投稿した30分後に事故死。

故人サイト

夫婦で世界一周の旅に出ていたものの、途中で2人とも病状悪化。そのまま死亡。そしてその後、ブログ本が出版された例。

故人サイト

今年の頭に最も震撼させた事件、イスラム国人質事件。後藤健二さんの4年前のツイートが掘り起こされ、4万RTされた。

故人サイト

死の前日まで自撮動画を配信し続けたアイドル。

故人サイト

コラムでネットで自らの死を偽った狂言サイトの数々。ミュンヒハウゼン症候群など同情心を引くためによるものと見られる。

故人サイト

自殺すると決めて、それまでの日々をカウントダウンしていったサイト。

故人サイト

恨みを抱いていた職場の同僚の実名をツイッターで呟いた後、自殺。

故人サイト

たまに発生する自殺の実況中継。閲覧者も最初は半信半疑で囃し立てる者もいる始末。

故人サイト

夫婦の闘病記録ブログ。奥さんは生まれたばかりの赤ちゃんを残して逝ってしまう。感動を呼び、書籍化、そしてドラマ化。

故人サイト

学術的に貴重な研究をホームページで残していた学者。その価値を大学が認め、死後も大学が資料館としてそのまま保存した。

故人サイト

番外編だが、17歳の娘を十年前に殺されたのに、未だに犯人が見付からない事件。父親は犯人捜しの為にブログを更新し続けてる。

故人サイト

これはかなり切ない。急逝された奥さんの生前の声をサンプリングし、それを加工して歌わせて曲を発表している夫。


という訳で特に印象的なサイトを紹介しましたが、こうしたサイトが103も載っています。正直、不気味なものもあれば、胸を打つものもあります。


ネット社会になってから、一般人が自らの文章を世間にそのまま公表する機会がますます増えてきました。そして今後、これから少子高齢化社会だけでなく、多死社会を迎える事となります。人々がネット空間に残した死、そこから見えてくるものも多いのです。


また古田さんは本業のライター、記者として有名で、そのドキュメンタリーテイストの文章は非常にスリリングかつエンターテイニングであり、読んでいてグイグイ引き込まれてしまいます。


この『故人サイト』、早ければ12月11日頃書店に並ぶ予定です。是非、お買い求め下さい。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 古田雄介 故人サイト

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。