スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハマザキカクが出版業界の勉強会「でるべん」で話す内容について解説

でるべん」という出版業界人向けの名門勉強会があります。私がこの業界に入ってから、遠巻きに憧れの眼差しで眺め続けてきました。過去に登壇した講師は錚々たる面子です。こちらご覧頂ければと思いますが、この業界を代表する顔ぶれです。


●過去の勉強会リスト● 福嶋聡さんや清田義昭さん、ケイクスの加藤貞顕さん、そして盟友空犬さんも


そのでるべんの勉強会に、私ハマザキカクが講師として登壇する事になりました。テーマは「ハマザキカク流 オリジナリティのある企画の見つけ方・立て方・通し方」


ハマザキカク氏と言えば一風変わった書籍の企画で有名です。昨年は初の著書となる『ベスト珍書』(中公新書ラクレ)も出されました。氏が今までどうやって変な企画を見つけ、アイディアをどういう切り口で書籍化したのか。情報収集や発想のコツだけでなく、理解が得られにくい企画を会社で進める方法、書店でフェアを展開する際のコツについてもお話し頂きます。皆さまふるってご参加下さい。



そう、私のあだ名は「ハマザキカク(濱崎の企画)」の通り、企画型編集者を自任しています。社会評論社に入社してから「類書がない、先行書がない」をモットーに数々の珍企画を編み出してきたと自負しています。多くのものが「珍書」とカテゴライズされるかもしれないし、それはそれでいいですが、その一方で学術的にも評価が高い真面目でユニークな研究書も出してます。


今回のでるべんではまず、今まで私がどうやって、こうした珍企画の著者、あるいはネタを見付けてきたのか、その調査方法や情報源について解説します。正直、この情報源については、企業秘密でもあり、将来的に先に奪われる可能性もある内容なので、今まであまり大っぴらにしてきてませんが、今回のでるべんでは特別に、可能な範囲で紹介しましょう。


また珍企画を生み出す為には、情報収集だけでなく、奇抜なアイデアを編み出す発想法も必要不可欠です。以前、一日一企画必ず立案するノルマを課していた時にやっていた、発想法のコツについて披露します。アイデアマンと言われる事が多いですが、これはいきなり閃く訳ではなく、日々の地味な日課やルーティンをこなす内に自ずと下地が出来るもので、実はある程度パターン化できます。


そして珍企画をプロデュースする上で、必要なのは情報収集や発想法だけではありません。面白い内容を更に面白くみさせる編集技術が必要です。その編集技術についても説明します。タイトルの付け方や、カバーの作り方、見出しや帯、FAXDMのコツなど、実践的な話です。


これらの話は、誰からも教わった訳ではなく、自ら試行錯誤して確立していったもので、言ってみれば「編集ウラ技」の様な物。今まであまり公に話した事もないので、人にとっては有意義かもしれません。また自分で何から何までやらないといけない小出版社故に培ったテクニックの数々なので、編集の専門学校の講座などでは全く教えてくれない内容だと思います。DTPやカバーデザイン、フェアなど全部自分一人でやらざるを得なかった結果、身に付けた数々のウラワザです。


そして珍企画のネタも技術も揃ったとしても、実際にプロジェクトとして推進する上では、社の同意を得なければいけません。いつも聞かれるのが企画会議の事。社会評論社の場合、必ずしも一般化できる訳でもないかもしれませんが、うまーく話を進めるコツがあります。日々企画会議で潰されている他社の編集者によくアドバイスしている話をしましょう。これはある程度普遍的に応用可能だと思ってるやり方です。


また企画が実際進んだとしても、著者が原稿書いてくれなければ、どうしようもありません。著者をどうやってやる気にさせるかについても話しましょう。


そんな訳で、今回のでるべんの勉強会、編集者や編集者を目指す人にとっては、かなり有意義で実践的な内容になるのではないかと自負してます。よく話す内容をイメトレしてます。この業界に入ったばかりの時の私に、今の私が話しかける様な内容をイメージしてます。そうすれば紆余曲折、道草喰わずに済み、手っ取り早い。


是非是非、お越し頂ければ幸いです。来週の金曜日、2月20日金曜日19:00~20:45、水道橋・貸会議室「内海」です。


その後、懇親会も開いて下さるそうです。以前に比べてほとんど出版業界の飲み会や集いに顔を出さなくなった私ですが、この懇親会にはもちろんいますので、何か私に話しがしたい方は是非いらして頂ければ幸いです。



でるべんの告知サイト「2015年2月勉強会:ハマザキカク流 オリジナリティのある企画の見つけ方・立て方・通し方」

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : ハマザキカク でるべん

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。