スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉祥寺のブックスルーエで『ベスト珍書』刊行記念、『ベター珍書』フェア始まりました!

ベター珍書

吉祥寺のブックスルーエで『ベスト珍書』刊行記念、『ベター珍書』フェア始まりました! ハマザキカク等身大パネルも3年ぶりに復活です!


ベター珍書

ベスト珍書』では強烈なエクストリーム本ばかり紹介しました。読者レビューでもたまに『ベスト珍書』で紹介している珍書に対して、「読みたいとは思わない」「欲しくない」という感想が見受けられます。


実際その通りで、私自身、『ベスト珍書』で紹介した本、書き上げるまで半分以上持っていませんでした。別に欲しくないからです。元々そうしたキワモノ珍書を愛読しているとか、愛蔵しているという訳では全くなく、珍書編集者としてマークしていたというだけなのです。


ただその後、ラジオ出演が続いたので現物を紹介する為に、多数仕方なく買いましたが……。


しかしそれでも入手不可能なものが多いのも事実です。国会図書館にしかない本や、発禁本、僅少本、同人誌、買い切り本が多いからです。


そういう事もあってか、『ベスト珍書』で紹介した珍書を取り寄せてフェアを開催するというのは、事実上不可能でした。


ベター珍書


そんな中でブックスルーエの花本さんから、どうにか『ベスト珍書』フェアを開催出来ないかという提案を頂きました。


そこで私の方から『ベスト珍書』の選書作業を進めている中で、強烈な珍書ではないけれども、「おー、面白そうだな」と思ったり、「読んでみたいなー」と思ったプチ珍書を数多く目撃したので、そうしたものをメインにセレクトした『ベター珍書』フェアはどうか?と逆提案した所、妙案だという事となり、開催するに至ったのです。


ベター珍書

『ベター珍書』の主人公である『ベスト珍書』のハマザキカクによるサイン本が置いてあります。数に限りがあるので、お早めにゲットして下さい。


お隣は朝日出版社から出ている『エリイはいつも気持ち悪い エリイ写真集 produced by Chim↑Pom 』のサイン本です。


ベター珍書

フェア棚の右の方からは、私が編集した比較的珍書度が高い本も置かせて貰っています。一番右には『ベスト珍書』の海外版と言ってもいい、どどいつ文庫著『世界珍本読本』です。十分なスペースがなかったので棚サシになってしまっていますが、『消滅した国々』『完全自殺マニア』『共産主婦』『ハーフマニア』『ゴム銃大図鑑』など。


そしてその横からは最近、GIGAZINEに取り上げられて、大いに話題になり、現在、Amazonでも在庫切れ中の『絶対に解けない受験世界史』、ハマザキカク編集の珍書として知名度の高い『エロ語呂世界史年号』、今年の中盤に出した『超高層ビビル4』、そして珍書としてはロングセラーの『いんちきおもちゃ大図鑑』が面陳で並んでいます。


ベター珍書

左の方には私としてもかなりプッシュしている、「面白い珍書」が目白押しです。例えば『1本の弦だけで1曲弾ける楽々ギター』 は書名通りの本で、かなり笑えますが、結構実用的です。ブルータルデスメタルなどは、逆にコードを覚える必要はほとんどなく、短音それかせいぜいパワーコードをひたすら高速ピッキングで弾く演奏法です。

『安くてもスゴイ! ジェネリック家電の世界』はあまりにもカバーがダサいですが、ほとんど同じ機能なのに有名メーカーのものに比べて遙かに安い家電製品を紹介したもの。ニセモノのカタログを見ているようで、笑えます。

『チャーリィ古庄の世界の旅客機捕獲標本』、これは今回フェアで選書したものの中でもイチオシで、飛行機を標本かの様に集めたもの。世界中のドマイナーな航空会社や政府専用機まで載っていて、見ているだけで楽しい。


ベター珍書

ヤスナリオさんの『メタルめし!』も選書。ダジャレセンスが親父並です。ヤスナリオさんとは、この前、『ベスト珍書』と同じ中央公論新社の『リクルートという幻想』の常見陽平さんや文芸誌ダヴィンチの編集長でブラックメタラーとして知られる関口さんらと、メタル飲み会で直接知り合いになりました。


『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に』や『東京マニアック博物館おもしろ珍ミュージアム案内』などが置いてありますが、ここでどうしても置きたかった今話題の『日本懐かし自販機大全』はあいにく在庫切れで取り寄せられませんでした。


ベター珍書

『動物うんこ図鑑』は特例として『ベスト珍書』でも紹介していますが、あまりにも面白いので取り寄せました。

『あなたもできる! 奇跡のロックバランシング』、これは私より先にルーエの花本さんもツイッターで報じていたほどの珍書。


ベター珍書

他にも花本さんが大プッシュしている『よみがえるケイブンシャの大百科』や『大根おろしアート』など、実際欲しくなってしまうゆるふわ系の珍書も複数。


そして私個人としては最近の中では最もインパクトがあった『妄想彼女』も取り寄せました。この本は気持ち悪い……。この本だけは実際、欲しくもないかな……(笑)。でもやってる事は大爆笑もの。


……と全部説明する訳にはいきませんが、実際に欲しくなってしまう様な、魅力的な珍書が勢揃いです。実際、このフェアを設営し終えて、撮影しようと思った直後に、置いてある本を読み耽ってしまって、なかなか移動してくれないお客さんが多数出てきてしまって、夜も遅いのに30分ぐらい待たなければいけないハメに陥ったのです。


という訳で『ベター珍書』では本当に面白い本が沢山置いてあるので、是非ご来店頂いて、そして実際買ってみて下さい。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : ブックスルーエ ベスト珍書 ベター珍書 ハマザキカク

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。