スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーゴスラヴィア・ノスタルジー本、『アイラブユーゴ1』が出ます!

アイラブユーゴ1

今は亡き国、ユーゴスラビアを懐かしむ、全三巻の『自主管理社会趣味』シリーズが始まります!

第一巻の

アイラブユーゴ1』

は「大人編」。ユーゴスラヴィアを知る上での前提となる基礎的な話、理論的なテーマを取り扱います。


米ソ東西陣営に組みせず「非同盟運動」を率い、「労働者自主管理」を提唱し、
世界中の労働者の希望の国として輝いていた今は亡き国ユーゴスラヴィア


建国の父ティトーやパルチザン、共産主義者同盟、
隣人同士の殺戮へと繋がってしまう全人民防衛軍、
世界でも珍しい三院制、ルシン人やゴーラ人等、
更にマイナーな少数民族など、


鈴木健太百瀬亮司亀田真澄山崎信一


の4人の東大院卒若手ユーゴ研究者が、豊富な写真とともに解説します。

そして本文から幾つか面白いエピソードを抜き出してみると……

★アルバニアとブルガリアを誘い、南スラヴ連邦を試みるも、スターリン激怒、コミンフォルム追放。追い詰められた結果、「非同盟運動」を結成し、「自主管理社会主義」を提唱、それが逆に世界的に大人気!

★社会主義国初のマクドナルドはNATOに空爆された後、セルビア反米主義者が襲撃に!

★パルチザン兵だったのにティトーの世話役から一転、贅沢三昧のイメルダ夫人似大統領夫人

★国中どこにいっても「ティトー元帥通り」。「ティトーグラード」も全ての地域に。

★日本が初めて来日を受け入れた共産主義国の首脳ティトー。昭和天皇に魚の標本をあげる

★スロヴァキア人が作曲し、ポーランド酷似。対外試合でも自ら大ブーイングした国歌



とまぁこんな感じですが、実はユーゴスラヴィア、編集者として取り組んでいて、相当ハマってしまいました。もしかしたら世界一面白い国だったのではないかと思うぐらいです。

ユーゴスラヴィアにはユーゴスラヴィアに限定する事の出来ない、
現代政治学の普遍的なテーマが、凝縮した形となって全て詰め込まれているからです。


民族・言語・宗教 そして……
国際政治・社会主義経済・共産主義思想
など現代政治学の全てが詰まった
世界でも稀に見るSFチックな
実験国家はいかに理論武装したのか?



ユーゴスラヴィアを起点に20世紀の政治思想や国際政治を復習してみるのもいいのではないでしょうか。

もちろん共産趣味的に惹かれる要素も盛り沢山。オールカラーで写真や図も満載です。

ユーゴスラビアというと、内戦期の凄惨なイメージが強く、その当時はそうした本が沢山出版され、
一種の紛争バブルに近いものがありました。

しかし紛争も落ち着いてきて、やっとよりニュートラルな視点で、

世界の中でも労働者の希望の国として

光り輝いていた時代を懐かしむ時期に差し掛かったのかもしれません。


アイラブユーゴ! ユーゴを愛してる!

本当に格好良くて、可愛らしい!


アイラブユーゴ』の刊行を記念して、『アイラブユーゴ』公式ツイッターアカウントも出来ました。

@ILOVEYUGO

質問や疑問がある方は是非、メンションで送ってみて下さい。




第一巻は8月11日頃に書店に並ぶ予定です。



そして……

新宿の知る人ぞ知る共産趣味書店、模索舎で

アイラブユーゴ1』の先行販売を

8月4日から開始します。

いち早く手に取りたい方は、是非模索舎へ!

模索舎のサイト


尚、『アイラブユーゴ』シリーズの執筆者達は若手ですが、既に全員ユーゴ研究では大きな実績を挙げています。


東欧地域研究の現在東欧地域研究の現在
(2012/10)
柴 宜弘

商品詳細を見る



旧ユーゴ研究の最前線旧ユーゴ研究の最前線
(2012/04)
百瀬 亮司

商品詳細を見る



セルビア語読解入門セルビア語読解入門
(2012/04/09)
百瀬 亮司

商品詳細を見る


映画『アンダーグラウンド』を観ましたか?―ユーゴスラヴィアの崩壊を考える映画『アンダーグラウンド』を観ましたか?―ユーゴスラヴィアの崩壊を考える
(2004/11)
越村 勲、山崎 信一 他

商品詳細を見る


ボスニア・ヘルツェゴヴィナ史―多民族国家の試練ボスニア・ヘルツェゴヴィナ史―多民族国家の試練
(1995/10)
ロバート・J. ドーニャ、ジョン・V.A. ファイン 他

商品詳細を見る

国家建設のイコノグラフィー―ソ連とユーゴの五カ年計画プロパガンダ国家建設のイコノグラフィー―ソ連とユーゴの五カ年計画プロパガンダ
(2014/04)
亀田 真澄

商品詳細を見る

民族浄化のヨーロッパ: 憎しみの連鎖の二〇世紀民族浄化のヨーロッパ: 憎しみの連鎖の二〇世紀
(2014/04/04)
N.M.ナイマーク

商品詳細を見る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : アイラブユーゴ ユーゴスラヴィア ユーゴスラビア ノスタルジー 自主管理社会趣味 自主管理社会主義 鈴木健太 百瀬亮司 亀田真澄 山崎信一

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。