スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海賊版・コピー商品・ブート・盗作・贋作・パクリ・パロディ本を集めた『ニセフェア』勃発!

ニセフェア

2013年9月11日に紀伊國屋書店新宿南店のふらっとすぽっとで開催される『ニセチャイナ』のトークイベントを記念して、同会場にて『ニセフェア』が始まりました! 「ニセモノ」という切り口から、海賊版・コピー商品・ブート・盗作・贋作・パクリ・パロディにまつわる本を選書したという、前代未聞の書店フェア! パネルからして馬鹿馬鹿しい!



ニセフェア

全体像はこんな感じです。入り口、入ったすぐ目の前で否が応でも目に飛び込んできます。トークイベント会場のすぐ横、タリーズの斜め前です。


紀伊國屋のイベント紹介のページ【新宿南店】 2013年9月11日(水)19:00~広中一成さんライブトーク@ふらっとすぽっと/『ニセチャイナ』(社会評論社)



ニセフェア

尚、『ニセチャイナ』自体のフェアも、紀伊國屋書店新宿南店ではなく、本店の3階で開催されています。売れ行き好調で、Amaz○nなどネット書店では入手困難になっていましたが、このフェア会場では必ず『ニセチャイナ』は置いてあります。


ブログの記事:紀伊國屋書店新宿本店3階で『ニセチャイナ』フェアを開催しています。


尚、本日2013年9月5日、『ニセチャイナ』の2刷りが完成し、各取次に搬入しているので、遅くとも週明け頃には各書店に行き渡ると思います。お待たせして申し訳ありませんでした。


ブログの過去の記事:『ニセチャイナ』重版します!


ニセフェア

上の段には『ニセチャイナ』はもちろん、『ファーストフードマニア』という中華圏の怪しいファーストフード店を集めた本、そして『いんちきおもちゃ大図鑑』というある意味『ニセチャイナ』の書名により相応しい、中華圏のニセモノ玩具を集めた本が置いてあります。下の『ニセドイツ』シリーズ含め、これらは私、ハマザキカクが編集した本です。


『ニセドイツ』は「東ドイツ国営企業が作っていたものは、西ドイツの偽物っぽい」という主旨で企画されたシリーズで、『ニセチャイナ』のコンセプトとは関係がありませんが、人気ロングセラーです。


横の『愛しのインチキ・ガチャガチャ大全』は『いんちきおもちゃ大図鑑』と似た、ファミレスのガチャガチャなどにあった、著作権を全く無視したコスモスという企業が作っていたオモチャのコレクション本で、最近話題です。


右端の『レコジャケジャンキー!』は『完全自殺マニア』の裁判をやっている時に、著者の相田くひをさんから教えてもらった、古今東西のレコードのパロディジャケットの集大成本で、私の愛読書でもあります。そういえば『完全自殺マニア』を選書しそびれたのを後悔しています。


出版社の信用が完全崩壊! 太田出版が『完全自殺マニュアル』スラップ訴訟で返り討ちに


……と、本物より偽物をこよなく愛し、ニセモノを集めた本を幾つも世に送り出し、パロディの権利を守る為に裁判で戦って勝った事まである、ニセモノ愛好家で知られる編集者、ハマザキカクが厳選したニセモノ関係の本がフェアで陳列されている訳です。


ニセフェア

下の段にも数々のニセモノ関係の本が。イチオシは『虚構新聞』。言うまでもなくユーモラスな偽ニュースを配信しているサイトで、その諧謔精神やエスプリから高度な知性を感じさせる、個人的には今最もリスペクトしている作家の一人。


あと新刊の自称天皇を集めた『トンデモニセ天皇の世界』や書名が隠れてしまって見えませんが、『偽札百科』もお勧めです。


実はこの棚に置いてある本以外にも例えば『続・漱石―漱石作品のパロディと続編』という夏目漱石の名著の続編を勝手に書いちゃったパロディを文学的に評論した博士論文や、『偽ライカ同盟入門』という偽物のライカについてのウンチク本など、多種多様のニセモノ本を気合い入れて、選書していたのですが、古かったり、在庫切れなどで取り寄せられなかった本がかなり多く、とても残念です。



ニセフェア


それはともかく9月11日に同会場で『ニセチャイナ』の著者の広中一成さんと、この『ニセフェア』をプロデュースした私のトークが開催されるので、是非、ご来場頂ければ幸いです。


3日後の9月14日には広中さんの地元の蒲郡の喫茶スロースで、トークイベントが開催されるので、近隣の方はこちらにも是非来てみて下さい。


スロースのブログ:「ニセチャイナ」著者 広中一成さんトークライブを開催します!


それからふらっとすぽっとの責任者で、看板娘の神矢真由美さんが、私も出た事があるbeco cafe talkに出ます! 主催は空犬通信やブックンロールで知られる、私もよくお世話になっている空犬さんです。このトークイベントもとても面白そう!


空犬通信:書店のイベントっておもしろい……beco talk第10弾は書店イベントがテーマです
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : ニセフェア ニセチャイナ 広中一成 ハマザキカク

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。