スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

麓直浩『戦後復興首脳列伝』出ます!

戦後復興首脳列伝



終戦シーズンも間もなく、そしてそれに合わせて刊行しようとしていたのですが、間に合わずやや遅れてしまうのですが『戦後復興首脳列伝』という本が出ます! 著者は『敗戦処理首脳列伝』や『ダメ人間の世界史』『ダメ人間の日本史』の麓直浩さんです。



敗戦処理首脳列伝―祖国滅亡の危機に立ち向かった真の英雄たち敗戦処理首脳列伝―祖国滅亡の危機に立ち向かった真の英雄たち
(2011/05)
麓 直浩

商品詳細を見る


戦勝者の無理難題を押し退ける折衝力と老獪さ

絶望に打ちひしがれる国民を励ます頼もしさと楽天性

現実的な国家再建へと導く計画力と実務能力 そして彼らは


「中興の祖」「再建国の父」として国の礎を再び築き上げた…



この本は『敗戦処理首脳列伝』の続編とも言えるテーマで、戦争で敗れた国の首脳達が、いかに復興を成し遂げたかを記した伝記です。「勝てば官軍、負ければ賊軍」とはよく言いますが、「正史」の影に隠れた敗北者のそのまた後を引き継いだ首脳達の戦後の奮闘ぶりにも、我々が学び取れるエピソードが豊富にあります。



ダメ人間の世界史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史)ダメ人間の世界史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史)
(2010/03)
山田 昌弘、麓 直浩 他

商品詳細を見る



戦争に負けたからといって国民全員が根絶やしにされる訳ではありません。戦勝国にとっても旧敵国人全てを皆殺しにする事は非現実的です。結局、敗戦国の生き残った国民達を食わせていく必要があります。その為には戦勝国の占領軍からも一目置かれ、敗戦国の国民からも信頼される、バランス感覚に長けた老練な政治家達が、時に板挟みに合いながらも、粘り強く奮闘しました。



ダメ人間の日本史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史)ダメ人間の日本史―引きこもり・ニート・オタク・マニア・ロリコン・シスコン・ストーカー・フェチ・ヘタレ・電波 (ダメ人間の歴史)
(2010/03)
山田 昌弘、麓 直浩 他

商品詳細を見る



そして戦争に負けた国にも未来はあります。戦勝国からは色々な悪条件を突きつけられ、賠償金も払わなければならず、領土や人口も縮小しますが、その様な状況にも関わらず、その後の発展の礎を築き上げる必要があります。


国民の多くが敗北感に打ちひしがれ、虚脱状態に置かれている中で、遠い将来を見据え、実現可能な計画を立て、復興を目指した首脳達のその苦労と努力は、規模は違うけれども斜陽経済の中に置かれた日本のビジネスマンも感情移入してしまうほどの人間ドラマを感じさせます。現に編集者である私も、原稿を読んでいて身震いしました。状況は最悪に思える。それでも希望を持ってやっていくしかない。第二の敗戦と言われる今、彼らのタフさが励みになります!


そして戦勝国の方ばかり向いてうまく利用されるだけだったり、自らの戦後利権に貪欲で、自国民の福祉を考えなかった首脳達は「傀儡」と呼ばれても仕方がないでしょう。吉田茂やアデナウアーがアメリカの傀儡だったという言い方は今はあまり聞きませんが、日中戦争時代に日本の傀儡だったと言われている人達の話は、今好評の『ニセチャイナ』に詳しく載っています。



ニセチャイナ―中国傀儡政権 満洲・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京 (20世紀中国政権総覧)ニセチャイナ―中国傀儡政権 満洲・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京 (20世紀中国政権総覧)
(2013/06)
広中 一成

商品詳細を見る



本で出てくる有名な戦後復興首脳首脳達

■吉田茂=「良き敗者」を志し占領軍司令官と信頼関係構築、日米安保樹立、資本主義陣営へ!

■アデナウアー=祖国統一より西欧諸国との連携を優先しドイツの国際的地位経済回復実現!

■デ・ガスペリ=大戦後、イタリア共産化・分裂の危機を回避し中道保守親米路線で経済復興!

■フランコ=スペイン内乱後、第二次大戦やりすごし、東西冷戦始まると反共盾に国家再建!

■サダト=泥沼の中東戦争から善戦示して、イスラエル交渉に引き出し、経済再建も暗殺!

■天智天皇=白村江の戦いで新羅・唐に敗れ、百済亡命者受け入れ、大和中央集権体制確立!

■マリア・テレジア=墺継承戦争でシュレージエン奪われるも外交革命でプロイセン包囲網!


尚、上記の人達以外にも合計で76人ほどの首脳達が登場します。



本が書店に並ぶのは8月29日~9月1日頃です。是非手に取ってみて下さい。またこの前編の『敗戦処理首脳列伝』も合わせて読んで頂けると、よりいっそう楽しめると思います。


『敗戦処理首脳列伝』が出た時のブログの紹介ページ



追記:戦勝国によって敗戦国の国民全員が虐殺される事はないと書きましたが、国自体が消滅する事はよくあります。戦勝国に併合されたりするケースです。そうした今は亡き国を紹介した『消滅した国々』という712ページの大著も絶賛発売中で、このブログの記事を書いている同日に、四刷りが出来上がり、搬入しています。本当に国とか首脳とか好きですね、私。



消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国
(2012/11)
吉田 一郎

商品詳細を見る


『消滅した国々』4刷りします!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 戦後復興首脳列伝 敗戦処理首脳列伝 麓直浩

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。