スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広中一成『ニセチャイナ 中国傀儡政権 満州・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京』出ます!

『ニセチャイナ 中国傀儡政権 満州・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京』が出ます! 著者は日本一、いや下手すると世界一の冀東防共自治政府研究者という説もある広中一成さんです。


最近開設された広中さんのブログ 「guangzhongの備忘録」


ニセチャイナ



書名の『ニセチャイナ』は「偽+中国」と「似せようとさせる」に掛けた言葉遊びです。日中戦争時、日本は中国に幾つもの「傀儡政府」、中国語では「偽政府」、言ってみれば「偽中国」を造っていました。一般的には満州がよく知られた存在です。ちょっと詳しい人だと汪兆銘の南京国民政府の事を知っているかもしれません。


実はそれ以外にも冀東防共自治政府、中華民国臨時政府、中華民国維新政府、そしてモンゴル民族の蒙古聯合自治政府などがありました。細かい事を言えば他にも察南自治政府や晋北自治政府、上海市大道政府など、よりマイナーなものもあります。


満州や汪兆銘政権、蒙古の徳王の本は研究書で複数出ていますが、それ以外のマイナー傀儡政府は、今まで日本の書籍で扱われた事はほとんどありませんでした。また日中戦争の本は数多く出ていますが、いずれも日本軍や関東軍、日本軍人からの視点で描かれているものが多く、また一傀儡政権のみを扱ったものではなく、中国全体、それも人ではなく、国あるいは傀儡政権から描いて見せた概説書は、ほとんどなかったと言ってもいいと思います。


辛亥革命後の中国の政治状況は余りにも複雑で、流れを諳んじて言えと言われても、非常に難しいものがあります。特に軍閥期以降は離合集散が激しく、覚えるのは容易ではありません。


そこで『ニセチャイナ』では


●各政権ごとの系統図、地図、人物略歴、年表を設け、極力読者が混乱しないように最大限工夫しました。


●中国史がなかなか頭に入らない要因として、地名や人名が読めず、黙読できないという点にあると考え、ほとんどの固有名詞の初出にルビを振りました。


●その当時のイメージを掴み易くする為に、大量に写真を掲載しました。


●下手すると無味乾燥な年表の列挙に陥りかねない史実の流れを、まるで物語りの様に読める様に文体を「ですます調」にしました。


ここまで日中戦争初心者、中国史初学者に懇切丁寧に解説した本はなかったかもしれません。そして初心者にとっても読み易く、なおかつ専門家にとっても参考となる様な書籍を目指しました。


他にもコラムとして


●中華民国臨時政府の翼賛団体である「新民会」の幹部、岡田春生さんのインタビュー


●『時刻表世界史』の曽我誉旨生さんによる満州国や各傀儡政権で運行されていた交通機関の時刻表とその解説


時刻表世界史―時代を読み解く陸海空143路線時刻表世界史―時代を読み解く陸海空143路線
(2008/09)
曽我 誉旨生

商品詳細を見る






●『世界軍歌全集』の辻田真佐憲さんによる満洲国や各傀儡政権の国歌や軍歌、流行歌の紹介と評論



世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代
(2011/12)
辻田 真佐憲

商品詳細を見る




などが挿入されているという、超豪華キャストです。


本が書店に並ぶのは6月21日頃を予定していますが、まだご注文をお済みでない書店様は、是非、上掲の注文用紙を印刷してご注文下さい。本が出来上がったらまたこのブログで紹介記事を載せます。


追記:あまり関係ないですが、中国の偽物キャラクターグッズを集めた『いんちきおもちゃ大図鑑』もお勧めです。



いんちきおもちゃ大図鑑―中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具いんちきおもちゃ大図鑑―中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具
(2009/10)
いんちき番長、加藤 アングラ 他

商品詳細を見る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。