スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

70年の時を経て重版された『満州朝鮮復刻時刻表』

……というのは冗談で、戦前、日本が経営していた満州、朝鮮、台湾、樺太の鉄道の時刻表を新潮社が復刻して出版しました。約一年ほど前に『時刻表世界史』を執筆した曽我誉旨生さんから献本して貰いました。

人によって時刻表鑑賞の楽しみ方は色々とありますが、私にとっての見所は当時の国際情勢が、現在のフィルター無しにそのまま伺い知れる事。

『満州支那汽車時間表』は昭和十五年(1940年)七月二五日印刷納本とあるのですが、時はまさに第二次世界大戦オタクにとっては一番興奮する年。ヴィシー、南京国民政府樹立、日本軍北部仏印進駐、そして日独伊三国軍事同盟成立と、第二次大戦前半戦最大の山場を迎えたまさにその時、満州ではどうだったのか、その当時の雰囲気がリアルタイムで伝わってくる感じがします。

この年に日本では英語は敵性言語とされましたが、満州のものは発行が「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」となっています。「ホテル」や「タクシー」の広告が沢山載っているのですが、そのままです。北朝鮮とかイランが英語で、自国の立場を国際社会に訴えかけている時に感じる、シュールさ、滑稽さと少し似ています。

何で英語がそのまま載っているかというと恐らく、ハルビンとか大連などは国際都市ぶっていたし、満州国自体、ソ連が責めてくる口実を作りたくなったので、戦時中アメリカなど連合国に対しては宣戦布告しておらず、最初の頃はあまり反米、敵性言語という雰囲気ではなかったからなのかなと思います。多分……。

また大日本航空が横浜からパラオまで路線を結んでいたのも分かります。第一次大戦後、委任統治領として日本が南洋庁の支庁をコロールに置いていたので、人の行き来が多くあったのでしょう。

こうした昔の時刻表は、単にデザインや時刻を見るだけではなく、その当時の路線がなぜそういう路線だったのか、今思うと不思議な事、奇妙に思える事を意識的に自分の力で発見する事だと思います。あたかも古典、古文からその時の様子を洞察、分析する様な読解力、疑問力が必要です。

……と偉そうですが、やっぱり自力ではなかなかそこまで読み解けない、そうした人達の疑問を一気に解決してくれるのが『時刻表世界史』曽我誉旨生著です! こういうのが超大量に載っています!



満洲朝鮮復刻時刻表満洲朝鮮復刻時刻表
(2009/11/20)
編者:日本鉄道旅行地図帳編集部
解説:三宅俊彦
原本提供:三宅俊彦、曽我誉旨生
装幀・デザイン:板谷成雄
発行者:佐藤隆信
発行所:新潮社
函:株式会社つくる

商品詳細を見る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。