スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『消滅した国々』3刷り、そして『世界飛び地大全』4刷りします!

消滅した国々3刷り+世界飛び地大全4刷りw


サイゾーや週刊アスキー、Gigazine、『本の雑誌』『朝日新聞』で大好評の『消滅した国々』ですが、社内在庫がまたしても切れているので、3刷りする事になりました! 


サイゾー:著者がリアルにもくろむ「旧・大宮市の独立」『消滅した国々 第二次世界大戦以降崩壊した183カ国』


週刊アスキー+文●遠藤諭(角川アスキー総合研究所) 『消滅した国々』(吉田一郎著)を読む


Gigazine ニューアトランティスなど消滅・崩壊した183カ国を網羅した「消滅した国々」


消滅した国々

サイゾー、アスキー、Gigazine、朝日新聞、本の雑誌等で取り上げられ、ネット上で大人気! Amazon 世界史ランキングで10 位以内をキープし続けています。アルジェリア誘拐事件のアザワドやケル・アハガルまで載ってます!


消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国
(2012/11)
吉田 一郎

商品詳細を見る





尚、1月22日に著者の吉田一郎さんは、正式にさいたま市長選挙に立候補を表明されました。


MSN産経ニュース さいたま市議の吉田氏が出馬表明


毎日新聞 選挙:さいたま市長選 吉田市議が立候補表明 /埼玉


そして『消滅した国々』に合わせて、吉田さんが以前書かれた名著、『世界飛び地大全』の注文も殺到しており、在庫切れになってしまったので、こちらも4刷りする事になりました。



世界飛び地大全

もはや地理オタクにとって聖典となった本。西ベルリン、カリーニングラード、九龍城砦 等、同じ国なのに、一旦別の国を越えないと辿り着けない領土である飛び地が、なぜ出来てしまったのか、その世界史的背景を解説する。



世界飛び地大全―不思議な国境線の舞台裏 (国際地理BOOKS (VOL.1))世界飛び地大全―不思議な国境線の舞台裏 (国際地理BOOKS (VOL.1))
(2006/08)
吉田 一郎

商品詳細を見る




注文お待ちしております!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 消滅した国々 世界飛び地大全 吉田一郎

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。