スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界珍本読本』の編集者ハマザキカクが、どどいつ文庫に行ってみた

ガケ書房や恵文社一乗寺店など出版通の書店で続々入荷情報が発表されている『世界珍本読本』。何しろ執筆者のどどいつ文庫は書店業界でも知る人ぞ知る、日本で最も世界中の珍本を輸入代行しているカルト的人気を誇る書店なのです。ただ実態はかなり謎に包まれています。そのホームページもヤバ目の怪しいオーラを放ちまくり。という事で私ハマザキカクがどどいつ文庫に行ってきました。

どどいつ文庫のホームページ


どどいつ文庫

どどいつ文庫のすぐ近くにある千駄木の出版業界では有名書店、往来堂。ちょっと寄り道してご挨拶してきました。


どどいつ文庫

さすが往来堂、ちゃんと『世界珍本読本』置いてありました。お目が高い! しかもこれはサブカル棚かな? 横には私が編集した『いんちきおもちゃ大図鑑』も置いてあります!


いんちきおもちゃ大図鑑―中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具いんちきおもちゃ大図鑑―中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具
(2009/10)
いんちき番長、加藤 アングラ 他

商品詳細を見る



どどいつ文庫

さてどどいつ文庫に近付いてきました。外観取り忘れましたがこの様な感じのところに位置しています。では中に行ってみましょう。

どどいつ文庫

店主と刊行後の反応や近況報告などしてオシャベリして、ちょっと一休み。世界の珍本状況、日本の珍本状況について情報交換も。流石、『世界珍本読本』の著者だけあって、次から次へと最新世界珍本情報を教えてくれます。


どどいつ文庫

さてこれがどどいつ文庫のショールーム。ここで世界の珍本の実物を手にとって見る事ができます。オンラインで扱っているもの全てがある訳ではありませんが、中味を確認してから購入したい人には大助かり。ネットだけだと中味がよく分からなくて、失敗する事もありますからね。ちなみにこのどどいつ文庫ショールーム、かなり行きずらいんじゃないか?と思われそうな雰囲気ですが、決してそうでもなくマンションの一室で、店主が丁寧に一冊一冊解説してくれます。

有名漫画家、犬山紙子さんのレポート青林工藝舎の手塚社長のレポートもあります。女性でも大丈夫。ただ完全予約制なの行く前に連絡を。

どどいつ文庫

では早速、扱っている本を紹介しましょう。これは『世界珍本読本』でも紹介している、私ハマザキカクが最も驚いた珍書の一つです。なんと大学入試の履歴書に貼ってあった顔写真を勝手に集めて、それを一冊の写真集にまとめてしまったという、信じられない本です……。悪のりし過ぎだろー(笑)。


どどいつ文庫

これはアメリカの屋外に打ち捨てられたショッピングカートの写真集。一見無意味っぽいですが、放置されて風化しているその様はある意味、廃墟と共通するものがあります。この本は私も買いました。


どどいつ文庫

これも信じられない企画で、アメリカの男性の同性愛者向け出会い系サイトに載ってあった裸のプロフィール画像の体の部分だけを塗り潰し、彼らの部屋や家具などを紹介したホモインテリア写真集です(笑)。あまりに発想が奇抜過ぎて度肝を抜かされました。これも買いました。


どどいつ文庫

これは『世界珍本読本』には載っていなかった本で、「自力で修理したけどちゃんと直ってないだろ!」という突っ込み写真集です(笑)。これも馬鹿だなー。


どどいつ文庫

例えば自力で直したオートバイ。


どどいつ文庫

この本は古本の中に挟まれてあったシオリやメモ書き、紙を集めた本……。これもまた凄いですね。どの本にどんなのが挟まれてあったか、色々とイマジネーションが膨らみます。ある意味、古沢和宏『痕跡本のすすめ』と似ているかも。


痕跡本のすすめ痕跡本のすすめ
(2012/01/26)
古沢 和宏

商品詳細を見る



どどいつ文庫

これは結構有名かもしれません。『世界珍本読本』でも紹介しましたが、ぬいぐるみを解体し、その布を全部逆にして縫い直したという、シュールな写真集です。かなりグロテスクに見えます。


どどいつ文庫

全身包帯に包まれた様な感じ。


どどいつ文庫

少しドラえもんに似てる。


どどいつ文庫

しかしよくこんな事思い付いたな……。

どどいつ文庫

アメリカの死刑台の写真集。これはいいですね。非常にスタイリッシュでした。

どどいつ文庫

格好いいと言ったら語弊があるかな。

どどいつ文庫

日本版も作りたいと思ったけど許可は降りないだろう。

どどいつ文庫

少し『完全自殺マニア』と関係があるかな。


どどいつ文庫

医療機器ではなく死刑のベッド。


どどいつ


これは『世界珍本読本』では載っていない本の中で一押し。骸骨のアートワークが飾られた教会や寺院の写真集です。あまりのインパクトに見入ってしまいました。特にデスメタルやブラックメタルなどおどろおどろしいイメージに興味がある人には、相当参考になる資料です。ハードカバーで出来ており、とても高級感がありました。


どどいつ文庫

骸骨だらけ。


どどいつ文庫

人骨でできたアート。壮観です。

どどいつ文庫

ショールームの本棚。この一冊一冊、店主が丁寧に解説してくれます。この手の本は日本でも実物を売っているお店はほぼ皆無です。実際に手にとって見て、確認してから買えるのはこのどどいつ文庫だけでしょう。非常に貴重なお店です。


どどいつ文庫

これは私、ハマザキカクの記念写真です。どどいつ文庫の店主は物腰の柔らかい親切な方です。世界の珍本事情に関しては日本一の方。ここまで極めちゃった人は他にいません。さあどどいつ文庫に行って、世界の珍本を買ってみよう! 全部の本が置いてある訳ではなく、その場で売れたら見られなくなる事もあるので、早い者勝ちです!



世界珍本読本世界珍本読本
(2012/08/24)
どどいつ文庫

商品詳細を見る



そして上野経済新聞でも取り上げられました!


千駄木の洋書専門店がブックガイド出版-世界の「珍本」200冊紹介
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 世界珍本読本 どどいつ文庫

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。