スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界軍歌全集』完成しました!写真お見せします

世界軍歌全集

本日、辻田真佐憲さんによる『世界軍歌全集』が完成しました! かなり豪華な雰囲気に仕上がってます!


世界軍歌全集

デーン! 帯が付いた状態です。


世界軍歌全集

金の箔押ししたので目が眩しい! ピカピカ光ってる!


世界軍歌全集

かなり光が反射してる! ちょっとよく分からないかもしれませんが、帯も高級な金紙です。ダンボールではありません。


世界軍歌全集

真っ正面から。


世界軍歌全集

複数冊積んだ状態。こうやって平積みされるといいですね。


世界軍歌全集

424ページの分厚さが分かります。60万字あるので普通の本の6倍の文量があります。2800円はお買い得です。


世界軍歌全集

会社の社長室で撮影しました。『ゴム銃大図鑑』と同じ場所。


世界軍歌全集

ナチスのシンボル、Parteiadlerと共産主義マークのHammer and Sickleを合体させたロゴ(笑)。いや、実際、右翼と左翼、お互いの曲をカバーしたり、替え歌したりしているんですよ。


世界軍歌全集

帯を取ったところ。弊社、松田社長曰く「なんか救世軍に見えるね」との事(笑)。


世界軍歌全集

カバーの紙も本当の軍歌とか聖歌集で使ってそうな、高級感のある紙。


世界軍歌全集

カバーを取った裏の表紙。おや、何だかこっちの方がカッコイイかもしれないよ? まるでブラックメタルのジャケット……。


世界軍歌全集

これもこれでカッコイイですね。もし一色刷りだったらもっと大幅に値段下げられたかも……。


世界軍歌全集

『ヒトラー万歳』のページ。これとか中二病の人達が喜びそうだなー。


世界軍歌全集

ナチオタを卒業した枢軸オタクがここぞとばかりに自分の知識をひけらかす時に援用されるクロアチアのファシスト組織、ウスタシャの軍歌。


世界軍歌全集

軍事オタクの中でも一番玄人ウケするイタリア人武装親衛隊やイタリア社会共和国(サロ共和国・RSI)。ハマザキカクもこの辺の話が一番好き。


世界軍歌全集

中華人民共和国や中華民国の軍歌。日本の漢字にはなかったり、繁体字、簡体字だったり、作字しなきゃいけなくて、かなり手間がかかりました。


世界軍歌全集

もちろん共産趣味者が大好きな将軍様の軍歌も収録。


世界軍歌全集

ハマザキカクが現代史上一番特に尊敬している訳ではないペタン元帥のヴィシー政権の軍歌。


世界軍歌全集

『世界各国女傑列伝』や『敗戦処理首脳列伝』など、最近、軍事関係の本が多くなってきた社会評論社のハマザキカクラインナップ。もともと日本有数の左翼出版社として有名な社会評論社から、軍歌、それも世界各国の軍歌を集めた『世界軍歌全集』が出ちゃうなんて、なんてフリーダムな出版社なんでしょう。ありがとうございます。


……という訳で『世界軍歌全集』、無事に完成しました。今朝、私自ら取次に見本出しに行ってきましたが、毎度の事、大変ご好評を頂いております。取次の反応やTwitter界隈での反応を見ると、初版がかなり足りないのではないかと少し心配になってきました。


それでこの『世界軍歌全集』、ルーズベルト大統領には秘密にしておいて欲しいのですが、真珠湾攻撃から70周年の12月8日に書店に並ぶ予定です。正確に言うと12月7日に配本なので、店頭の棚に並び始めるのは恐らく12月8日~12月9日頃と思われます。来週末には配本されている書店には必ず置いてあるでしょう。


『世界軍歌全集』模索舎先行発売!


またここでサプライズなのですが、日頃弊社と極めて緊密な関係にあるあのアンダーグランド・カルト・極左書店、模索舎の榎本さんが先ほど来て、『世界軍歌全集』を10冊持っていってくれました。今晩から販売してくれるとの事です。12月8日まで待ちきれない人は今すぐ模索舎へ! 一週間も早く手に入りますよ!


という事で『世界軍歌全集』、もうこれは買いです。私が別に社会評論社で働いている編集者でなくても、絶対買っているはずです。YouTubeの世界各国の軍歌を堪能しながら、一緒に歌えて、意味まで分かって、おまけに軍事知識も得られる!


しかも棚に飾って置いても超カッコイイし、学校の友達達に見せびらかしたくなる! それに一回読んだら終わりの読み物の本じゃなくて、要は世界の軍歌の歌詞カードが一冊にまとまった様なものだから、何度も何度も使える! これはもう買うしかないでしょ!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。