スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日刊サイゾーで『ゴム銃大図鑑』が紹介されました!

日刊サイゾー『ゴム銃大図鑑』が紹介されました!


『ゴム銃大図鑑』は2月の末に刊行されたのですが、取次(本の問屋さん)から、予想以上の事前注文を頂いてしまい、それを全て出荷してしまったので発売の時点で、社内在庫を切らしてしまいました。通常ですと色んなメディアに紹介用として献本しているのですが、その分まで無くなってしまった訳です。


ただし本は刊行された直後に返品がすぐにある程度発生するのが通例です。従ってその返品を各マスコミ献本用として待っていたのですが、人気があるせいかなかなか戻ってきません。



ゴム銃大図鑑ゴム銃大図鑑
(2011/02)
中村 光児

商品詳細を見る



そしてやっとある程度戻ってきたな、と思った矢先に今度は東日本大震災が発生しました。各マスコミの紙面の多くが、震災の情報で埋め尽くされるのは当然で、地震とはあまり関係のないゴム銃を載せて貰うのも気が引けます。またガソリンが無くなったり、出版業界も隔日輸送になるなど、物流も大変混乱していて、その様な緊急事態にこの本を紹介用として送る事にも躊躇いを覚えました。


この本の監修者である中村光児さんや、作品を提供してくれた会員の方々、日本ゴム銃協会の皆様には大変申し訳ないと思ったのですが、書評献本を送る事を断念しておりました。あとでジワジワとネットや口コミで話題になってくれればと祈っていました。



ゴム銃オフィシャルガイドブックゴム銃オフィシャルガイドブック
(2009/01)
中村 光児

商品詳細を見る



ただし過去に本当にお世話になった方々や、実際に私の企画の本をしょっちゅう載せてくれた媒体には数冊だけ送っておりました。


しかし日もだいぶ経ってしまったし、今回の企画は仕方がないのかも……と思っていた矢先に飛び込んできたのが日刊サイゾーの書評です。


大のオトナのマジ工作。ゴム銃作家たちが作った名品の数々『ゴム銃大図鑑』



非常に詳細に、そして好意的に紹介されています。しかもよく見ると、「関連記事」として挙げられているのが全部私が編集した本です。



【関連記事】

『いんちきおもちゃ大図鑑』に見るアジア各国のガチすぎる「コレジャナイ」度

「吉田屋」に「モバーガー」!? アジアのパチもの飲食店事情

"ダメカワイイ" 愛すべき東ドイツ製トンデモ商品の数々『ニセドイツ』





いんちきおもちゃ大図鑑―中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具いんちきおもちゃ大図鑑―中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具
(2009/10)
いんちき番長、加藤 アングラ 他

商品詳細を見る




ファーストフードマニア〈Vol.1〉中国・台湾・香港編ファーストフードマニア〈Vol.1〉中国・台湾・香港編
(2007/12)
黒川真吾、田村 まどか 他

商品詳細を見る




ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)
(2009/10)
伸井 太一

商品詳細を見る



あと関連記事には載っていませんが、以前サイゾーには『エロ語呂世界史年号』も取り上げられました。もしかしてサイゾー書評掲載率一位の編集者かも……? サイゾーが取り上げている他の本も、ハマザキカクっぽいのが多くて面白そうなのでチェックしてみて下さい。

究極の珍書! おげれつ語呂合わせで世界史を勉強『エロ語呂世界史年号』">究極の珍書! おげれつ語呂合わせで世界史を勉強『エロ語呂世界史年号』




また私の事を既に知っている方は、私のサイゾーのインタビュー記事を目にされている人も多いと思います。


「文系離れが国を滅ぼす」カリスマ編集者・濱崎誉史朗が語る書籍への希望



この取材を受けたのはほぼ一年前です。本当は私はカリスマ編集者ではなくて、ミス・誤植連発しまくっている、うっカリス魔のサバカルチャー編集者なのですが、このインタビューの御陰で、多くの人達に私や私が編集した本の存在を知って貰う事ができました。また色んなオファーを頂き、多くの方々と知り合える切っ掛けとなり、ハマザキカクの知名度が急上昇しました。


サイゾーには本当に感謝しています。記事を書いてくれた平野遼さん、インタビューしてくれた有田シュンさん、アレンジしてくれた北村千晶さん、本当に有り難うございます!


もし今からでもマスコミ・メディア関係者様で、『ゴム銃大図鑑』をそれなりに紹介して頂ける方がいらっしゃいましたら、献本致しますのでtwitterかメールでご連絡頂ければ幸いです。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 『ゴム銃大図鑑』 日刊サイゾー ハマザキカク

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。