スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本男児のヘンテコ趣味」フェア情報が、ジュンク堂のサイトに載った!

現在、ジュンク堂書店新宿店で開催されている『ゴム銃大図鑑』発売記念フェアの情報が、ジュンク堂のサイトに正式に載りました!


ゴム銃大図鑑発売記念フェアジュンク堂新宿店サイト


ジュンク堂書店 新宿店のサイト

「知る人ぞ知るサブカル変集者濱崎誉史朗氏の~」と身に余るお言葉を頂いて、誠に恐縮しております。ホームページに載せて頂いたジュンク堂のHONの稲村さん、桝井さん、そして現場担当の樽井恭子さんには感謝しています。

昨日の『東京新聞』で紹介されてから、かなり注文が殺到しています。ただ現在、社内在庫僅少でいつ出荷できるか分からないので、このフェアを開催しているジュンク堂書店新宿店や他のお店でお求め頂くのが、確実に入手できる方法です。是非とも今週末は新宿に繰り出しましょう!

ところで後でしまったなと思ったのが、このフェアの副題です。「オトコ達のオモシロ趣味本」にいつの間にかなってしまっていたのですが、実は最初は日本男児のヘンテコ趣味でした。

選書した基準として工作や銃だけでなく『ゴム銃大図鑑』のオビにもある「クール・ガラパゴス・ジャパン」の視点も盛り込んでいました。ですので日本で独自に進化して、世界から見たら奇妙で格好良く見える物の本も置いてあります。

例えば『ケータイのデザイン』という、日本の携帯電話のデザインをスタイリッシュに紹介した、アスペクトの新刊を選書しています。この本はマジでカッコイイ! さすがアスペクト。


ケータイのデザイン (アスペクト・ライトボックスシリーズ)ケータイのデザイン (アスペクト・ライトボックスシリーズ)
(2010/12)
ヒヨコ舎

商品詳細を見る


あと『ラジカセのデザイン』という私のお気に入りで、よく選書してて勝手にライバル視、ヤキモチを焼いている青幻舎の本も置いてあります。


ラジカセのデザイン! JAPANESE OLD BOOMBOX DESIGN CATALOG (青幻舎MOGURA BOOKS)ラジカセのデザイン! JAPANESE OLD BOOMBOX DESIGN CATALOG (青幻舎MOGURA BOOKS)
(2009/11/10)
松崎順一(デザインアンダーグラウンド)

商品詳細を見る


新人物往来社の『戦国武将 変わり兜図鑑』という戦国時代の武将の鎧の中でもとりわけ奇抜で、本当に信じられないほど格好良くなってしまっている物を集めた本もあります。これは少しゴム銃に通じる物があるかもしれません。


戦国武将 変わり兜図鑑 (ビジュアル選書)戦国武将 変わり兜図鑑 (ビジュアル選書)
(2010/05/22)
須藤 茂樹

商品詳細を見る


極めつけは『日本の刺青と英国』です。この本が出たときは驚愕致しました。昔、ヨーロッパの上流階級で刺青、つまり和彫りが流行っていたそうです。ルーズベルト、チャーチル、スターリンまで日本の刺青を入れていたそうです。信じられませんよね? こんな驚愕の真実を突き止めた小山騰さん、そしてそれを出版した藤原書店には最大の賛辞を送りたいです。


日本の刺青と英国王室―明治期から第一次世界大戦まで日本の刺青と英国王室―明治期から第一次世界大戦まで
(2010/12/22)
小山 騰

商品詳細を見る


……とゴム銃という切り口から、世界へ発信したい「日本男児のヘンテコ趣味」「クール・ガラパゴス・ジャパン」な本もいっぱい置いてあります。何しろ80冊もの、数日間、根詰めて厳選したセレクションが陳列されているのです。是非、これを切っ掛けに色んな本をご覧頂ければ幸いです。

そしてついでなのですが、このゴム銃フェアを開催している真下の七階の全く同じ場所で、私の恩人の明月堂書店の末井社長の新刊、『〈建築〉としてのブックガイド』のフェアを開催しています。全くの偶然でビックリ。

こちらの本は執筆者が

樽本樹廣(百年)、西尾佳織(鳥公園)、大澤聡、大谷能生、白井聡、プルサーマル・フジコ、オカヤイヅミ、篠田千明(快快)、Pippo、杉浦貴美子、シンプル組合、TOLTA、松田青子、池田鮎美、飴屋法水たち、前野健太、神里雄大(岡崎藝術座)、阪根正行、浜野喬士、辻本力、安竹希光恵、伊東沙保、藤田貴大(マームとジプシー)、福永信、瀬田なつ



と相当豪華なメンバーで、色んな人達のお薦めの本が紹介されています。これはもう今週末というか、今日にでも新宿に寄り道しないといけないですね!


〈建築〉としてのブックガイド〈建築〉としてのブックガイド
(2011/02/01)
大谷 能生、 他

商品詳細を見る


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : ジュンク堂書店新宿店 日本男児のヘンテコ趣味 ゴム銃大図鑑 ケータイのデザイン ラジカセのデザイン 戦国武将 変わり兜図鑑 日本の刺青と英国 〈建築〉としてのブックガイド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。