スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

構想期間約2年、総製作費ウンビャク・ウンジュー万円、制作関係者およそ50名、ハマザキカクの総力を挙げて取り組んだゴム銃の集大成『ゴム銃大図鑑』ついに完成!

構想期間約2年、総製作費ウンビャク・ウンジュー万円、制作関係者およそ50名、ハマザキカクの総力を挙げて取り組んだゴム銃の集大成『ゴム銃大図鑑』ついに完成しました!

大変長らくお待たせしております。前々から出ると言ってなかなか刊行できなかった『ゴム銃大図鑑』がとうとう完成し、昨日弊社に見本が届きました! 毎回、本が完成する度に興奮・感動しますが、今回の本は一際感慨深いです。

ゴム銃大図鑑1

一昨年ぐらいまでは自分が携わる本は全て自分が一からデザインし、組み版までやっていたのですが『いんちきおもちゃ大図鑑』の頃から一人でこなす事に限界が生じ始め、ディスクユニオンのパンフレットなども手掛けているデザイン事務所・合同会社エム・ビーにこうしたビジュアル的な難しい本の制作をお願いしています。今回の『ゴム銃大図鑑』も主にエム・ビーの北村卓也さんと大島子さんにお願いしました。

また撮影は『人種マニア』の著者の渡辺孝行さんの紹介で、飯田祐介さんにお願いしました。飯田さんはかなり若いのですが、カメラマン歴は私の編集歴より長く、機材も大量に持ち合わせ、こなれていて撮影中、私はタジタジでした。また人柄的にもひょうきん者というかムードメーカーで、みんなが疲れている時、特に私が疲れて顔に出ている時も中村光児理事長と一緒にクダらないギャグを連発していて、終始良い雰囲気で進めてくれました。

飯田祐介さんのホームページ


人種マニア―有名人のエスニックルーツをカリカチュアで大紹介!人種マニア―有名人のエスニックルーツをカリカチュアで大紹介!
(2010/10)
渡辺 孝行

商品詳細を見る


あと撮影の全日程に、日本ゴム銃射撃協会の中村理事長の秘書役である鈴木直弥さん(ブラックさん)に、ゴム銃の設置などのご支援を頂きました。構造がよく分からない銃が多かったので、鈴木さんがいなくては撮影は不可能だったので、本当に助かりました。

撮影は去年の夏、ほぼ丸々一週間、弊社の社長室で朝から夜までぶっ通しでやったのですが、個人的には本当にキツかったです。特に大変だったのがゴム銃は自立しないので、どうにか工夫してテープで抑えたり、腕で支えたりして一挺ずつ臨機応変に対応しなければいけなかった事です。またゴム銃の格好良さにしばしば見とれてしまい、みんなで撮影を中断して、鑑賞したり、打ったりしてしまって初日はペース配分が明らかに狂っていました。

撮影中、ダイヤモンドオンライン西川敦子記者の取材を受け、高級プリンの差し入れまで受けました。あれは本当に美味かった。有難うございます! いつでもまたお待ちしています。ちなみに西川さんがいなくなられた後、「若い! 綺麗だ!」との歓声が上がりました(笑)。

会員ゼロからあっという間に数千人規模へ!
「ゴム銃」で無縁社会をつなぐ“バーチャル協会”


私が載っているページ

以下は西川敦子さんが書かれ、献本頂いた『ワーキングうつ―働くあなたを守る5つの処方せん』です。ランナーズ・ハイという言葉のシャレでエディターズ・ハイという言葉があるらしいのですが、私はどちらかというと編集に熱中しているので、この不況の中でも貧乏でも仕事をハイになりながら楽しんでいる『ワーキングハイ』みたいな本を作ったらどうですか?と企画提案しました。

中村さんが「我々もうつ病はうつ病なんですが、ゴムを打つ病気でしてね~」という超ウケるダジャレをいきなり言って、かなり鋭いと驚嘆しました(笑)。


ワーキングうつ―働くあなたを守る5つの処方せんワーキングうつ―働くあなたを守る5つの処方せん
(2009/07/03)
西川 敦子

商品詳細を見る


また今回の企画で一番大変だったのが、各提供者に対するゴム銃の返却作業でした。250種類の銃を間違える事なく、壊すことなく正しい製作者に綺麗に梱包し直して返却する作業を、撮影後一人で粛々と進めていたのですが、全部返すのに一ヵ月ぐらいかかってしまって、色んな人にご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございませんでした。

ゴム銃大図鑑2


そして写真の切り抜きはキリヌキJPです。いつも迅速に、というかほぼ一日ぐらいで数百枚の切り抜きを超低価格でやってくれます。クォリティーも文句なしです。わざわざ自分で切り抜いているデザイナー、カメラマンにご利用をオススメします。

キリヌキJP

本の中味は写真の様な感じですが、早ければ2月18日、大体2月21日頃には店頭に並ぶ予定です。全国の書店やネット書店でご購入できます。男なら誰しもが一度は作った事があるワリバシ鉄砲が、ここまで進化しているのは驚異的です。『ゴム銃オフィシャルガイドブック』は、制作の手引きやルールなど参考書的な作りでしたが、今回は純粋にユニークでオリジナリティ溢れる数々の名ゴム銃が一同に会したゴム銃写真集です。ゴム銃を自ら作る気力や技能はないけど純粋に銃の造形美を鑑賞しているだけで癒されるといった、私の様な人に大変オススメです。本当に凄いです!

ゴム銃大図鑑3


この本によって日本人が失いかけている、物作り精神を少しでも復活させる事ができればなと思っています。オビの文章は「ものづくり大国 クール・ガラパゴス・ジャパンの毎日曜大工、ここに極まれり!」です。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

tag : ゴム銃大図鑑 中村光児 日本ゴム銃射撃協会 飯田祐介 ダイヤモンドオンライン 西川敦子 ワーキングうつ キリヌキJP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。