スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド』でゲスト出演!

オラシオ監修『中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して』DU Bookの刊行を記念して、dues新宿で開催されたトークイベントにゲストとして出演しました!

DU BooksのFacebookページでの当日の紹介記事



中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド (ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して)中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド (ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して)
(2014/11/21)
オラシオ

商品詳細を見る


この本が新刊情報で流れた時、「なんでオレにも声かけかったんだ……」とブツブツTwitterで呟いていたら、監修者のオラシオさんに気が付かれ、終いにはDU Booksの筒井さんから出演のオファーを受けた次第です。


この私、趣味は共産趣味ですが、それ以外にはマイナー国のデスメタルやブラックメタル、ヒップホップを開拓するのも趣味でして、一時はポーランドのヒップホップをかなり聞き込んでました。


そして当日、会場には『ポーランドにおけるヒップホップ・カルチャー』という論文を書かれたPaulaさんもいらっしゃる事を直前に知り、ビックリ! 数年前に、日本でポーランドのヒップホップを聴いてるのなんて、自分ぐらいしかいないだろうと思っていた頃に、ネット上で発見していて驚いていたのです。


ポーランドにおけるヒップホップ・カルチャー


ただ自分の好みの音楽や「カッコイイ」とされる音楽を、こういう音楽が馴染みのない人達に聴かせたって、意味がないので、面白いバンドを中心に紹介しました。


すると結構馬鹿ウケ! そこで当日流した曲のプレイリストを紹介しましょう。一番最初に流したのはVader。でも別に今は好きじゃないし、ポーランドのデスメタルの歴史を語るに当たっての導入で紹介しただけで、実際流したのは数十秒ぐらい。



ポーランド デスメタル Vader  De Profundis
90年代中盤に出したアルバムが世界的に人気を博した。旧共産圏出身で最も著名か。


吉本秀純さんがチェコアニメを導入したテクノを紹介されたので、それに関連させて;



チェコ アヴァンギャルドデスメタル Duobetic Homunkulus Kreveťácká Rovnačka Přihýbáním
サウンド・オブ・ミュージックのカバーでアバンギャルドデス。チェコ風アニメ。大変態。


その後、オラシオさんが伝統音楽を取り入れたポーランドのジャズを紹介されたので、東欧やロシアではフォークメタルという伝統音楽を取り入れた音楽が流行っているという話に持っていき;



ハンガリー ペイガンメタル Dalriada: A Dudás (official videoclip) - Napisten Hava CD
メタル不毛国と言えるが近年民族主義風のペイガンメタルが流行っており秀逸なビデオ。


続けてこうしたネアカなエスニック風フォークメタルは問題ないが、危ない奴らもいるという例を挙げ、



ポーランド ネオナチブラックメタル(NSBM。本人達は否定) Graveland - Powstaniemy ponownie (2014)
言わずと知れたネオナチブラックメタルの元祖。ジャケットがベルばら風。重い。



スロバキア ネオナチブラックメタル Ürdüng - Look At The Brightness Of The Rising Swastika
ナチス傀儡のスロバキア独立国だけあって、ネオナチ賛美。意外とメロディアス。


この時点で時間的にほぼ終わりに近づいているので、ラスト一曲として紹介。これが会場の爆笑を誘う;



チェコ スラミングデスメタル Epicardiectomy - Live at Mountains of Death 2010
重さを追求したスラミングスタイルでパラパラ踊り。ファッションはヒップホップ



以下は結局、時間がなくて紹介出来なかったものです。



ハンガリー ヒップホップ TheShowCrew - Ketrec
言語が独特でモンゴロイド風の風貌。テクノのグリッチサウンドが効果的




スロバキア ブルータルデスメタル CRANIOTOMY- Mr.Butcher HD
モダンスタイルでデジタル感があるスラムスタイル。それまでスロバキアは芋臭かった。




ポーランド ヒップホップ donGURALesko & Matheo - Idziemy Po Swoje
中近東風のメロディが特徴で、金正日に似てる。


 

番外編 チェコ 珍バンド名 ディプレッシブ・ブラックメタル ██████ - I
バンド名が世界一変というだけ。


あとなるべくビジュアルで見て貰った方が分かりやすいとおもったので、YouTubeのリンクがあるものに絞られてしまっていますが、予備の為に音源だけのCDも持参していました。

曲名は省きますがバンド名を挙げるとBrotherhood, Furia, Silent Stream of Godless Elegy, Cerebral Turbulency, Cruadalach, Dead Infection, Decapitated, Don Guralesko, Intervalle Bizarre, Lykathea Aflame, Non Koneksja, Pigsty等。


そこから更に予備のYouTubeリンクも用意してあり、それらは

Behemoth - Ov fire and the void (uncensored HQ).mp4
https://www.youtube.com/watch?v=bJda0_NIBaQ

Pisty https://www.youtube.com/watch?v=juUb6DLdJKA

!T.O.O.H.! - Právo
https://www.youtube.com/watch?v=0uibZrKzZ1Y

ALIENATION MENTAL - Ball Spouter - Psychogenes
https://www.youtube.com/watch?v=u7K2DbAqX7g

lykathea aflame - bringer of elvenefris flame
https://www.youtube.com/watch?v=eimRwSbq2bk

Brotherhood - Synovia Peruna
https://www.youtube.com/watch?v=MSePhXbylyw

KerecsenSólyom - A Hősök Mulató Mezeje
https://www.youtube.com/watch?v=Glts2DLfcDw&feature=youtu.be

Passover 1944 - Sirrah
https://www.youtube.com/watch?v=4_c_USaCv7Q

DALRIADA - Hajdútánc (2011) official clip
https://www.youtube.com/watch?v=9F7b4skyUy4

Niburta - Awakening - EP version - ( OFFICIAL VIDEO )
https://www.youtube.com/watch?v=gNUErr-3pS8

Dead Infection-From The Anatomical Deeps
https://www.youtube.com/watch?v=rVoPwBwEPp8

VADER - Never Say My Name (OFFICIAL MUSIC VIDEO)
https://www.youtube.com/watch?v=nL_LUbr60CA

donGURALesko - BETONOWE LASY MOKNĄ (TOTEM LEŚNYCH LUDZI)
https://www.youtube.com/watch?v=FsKfqfUxSTU&list=PLB95F50521D0F5283

donGURALesko - BRAGA 30 (TOTEM LEŚNYCH LUDZI)
https://www.youtube.com/watch?v=4utCX_DHVuo

Lukasyno NON Koneksja - Owiany Tajemnica
https://www.youtube.com/watch?v=18ahOn9ZONw


あとはトークの時に話すメモ帳として、各国別の重要バンドのリスト

チェコ
!T.O.O.H.!
Alienation Mental
Arakain
Carnal Disfigurement
Cerebral Turbulency
Congenital Anomalies
Contrastic
Cruadalach
Duobetic Homunkulus
Eardelete
Epicardiectomy
Fleshless
Godless Truth
Imperial Foeticide
Ingrowing
Intervalle Bizzare
Jig-Ai
Krabathor
Lykathea Aflame
Pathologist
Perfecitizen
Pigsty
Sekhmet
Silent Stream of Godless Elegy
██████
!úl

スロヴァキア
Craniotomy
Dementor
Diftery
Eternal Bleeding
Ürdüng
Galadriel
Brotherhood
Sirin
Hromovlad

ハンガリー
Dalriada
Depths of Depravity
KerecsenSólyom
Sear Bliss
Tormentor

ポーランド
Antigama
Behemoth
Besatt
Christ Agony
Damnable
Dead Infection
Decapitated
Furia
Goetia
Graveland
Infernal War
Jar
Kat
Luna Ad Noctum
Massemord
Night of the World
Pyorrhoea
Radogost
Suffering
Sirrah
Stworz
Vader
Yattering

とだいぶ長くなってしまいましたが、実際、話せたのはほんの少し。もっと話したかったですが、それはまた別の機会に。特に私、この四カ国だけ専門的に追究しているという訳ではないのですけどね。


前記、Paulaさんが精力的に日々ポーランド音楽情報を配信しているブログは

Muzyka Polska 〜ポーランドの音楽が好き〜

これかなり凄いです。特にデスメタルなどはバンドのサイトやfacebookなど情報が英語で書いてあるのが世界的な標準フォーマットですがヒップホップやポップス情報は現地の言葉で書かれている事が多くて、情報収集が大変です。なのでかなり有り難い情報源ですね。

今回のイベントはほとんどヒップホップについて語れなかったので、これもまた別の機会に紹介してみたいものです。

しかもこの四カ国の中で私がある程度聞き込んだのはポーランドで、他の国は最近の動向をキャッチしていないので、集中的に発掘する必要がありそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

tag : 中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。