スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田一郎『消滅した国々』発売です!

消滅した国々

突然ですが『消滅した国々』という新刊を刊行します。著者は以前、社会評論社から『世界飛び地大全』を出されたさいたま市議会議員の吉田一郎さんです。副題は『第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国』です。



世界飛び地大全―不思議な国境線の舞台裏 (国際地理BOOKS (VOL.1))世界飛び地大全―不思議な国境線の舞台裏 (国際地理BOOKS (VOL.1))
(2006/08)
吉田 一郎

商品詳細を見る


消滅した国々

見て、この分厚さ。と言ってもよく分からないかもしれませんが、712ページです。4cmぐらいあります。


国マニア―世界の珍国、奇妙な地域へ!国マニア―世界の珍国、奇妙な地域へ!
(2005/11)
吉田 一郎

商品詳細を見る



消滅した国々

辞典より厚いです。厚いだけでなく、重たく、持ち運びにも苦労します。それなのに2800円とかなり安いです。


消滅した国々

消滅した国々の旗です。


消滅した国々

第二次世界大戦以降だけでも183ヵ国もの国が消滅したのです。現存する国とほぼ同じ数の国が消えていったというのは、驚きですよね。


消滅した国々

例えばどんな国があるかというと東ドイツ。消滅した国としては最もメジャー級で有名です。『ニセドイツ』という本も人気があります。


ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品 (共産趣味インターナショナル VOL 2)
(2009/10)
伸井 太一

商品詳細を見る



消滅した国々

他に面白い国はセネガンビア。セネガルとガンビアが合併して、短期間で解散したダジャレみたいな名前の国です。他にも「指導しろ」と言われてるかと思ってしまうようなコーチシナというベトナム南部の国や、「切断する事は可能ですか?」とリビア人から尋ねられてしまった気がしてしまう、キレナイカというダジャレっぽい国があります。


消滅した国々

トルクメニスタンのニヤゾフが死んだ今となっては、世界史オタク、辺境マニアにとって最も憧れの国は沿ドニエストル共和国。ソ連が崩壊しているのに、まだレーニン主義を掲げた共産主義国として大人気です(最近また政変があったみたい)。その沿ドニエストルがあるモルドバの南部にあったトルコが支援していたのが、ガガウズ共和国という今は無き共産主義国。


消滅した国々

著者の吉田一郎さんが最も気に入っているらしいのがアドゥ環礁。消滅した国々というと大量殺戮とか陰惨なイメージがしますが、この国はインド洋の楽園モルディブのサンゴ礁からなる島々。出てくるのもカツオ節やらココナッツやらライムやらと至って牧歌的。おとぎ話の様なエピソードです。


消滅した国々

個人的には最も凄いと思ったのが、第二次世界大戦終了後にオランダによってインドネシアに作られた、 東インドネシア国、南スマトラ国、東スマトラ国、マドゥラ国、パスンダン国、東ジャワ国などの傀儡国家です。インドネシアというと、スカルノや残留日本兵が活躍して、終戦後すぐ今と同じ様な形で国が出来上がったと思いがちですが、実はそうではなく、各地域にオランダの言いなりになる様な国が作られたのでした。結局いずれも5年ぐらいしか持ちませんでしたが、この辺りの話はインドネシアもオランダも触れようとはせず、資料もあまりないらしいです。


消滅した国々

この本の制作中にアザワドという国が消滅したので、急遽盛り込みました。マリの北部でトゥアレグ族が独立を宣言したのですが、6月頃、イスラム過激派に乗っ取られ、崩壊しました。


……とこの様に馴染みのある国から、聞いた事もない変な国など、今はもう無くなってしまった消滅した国々が沢山紹介されています。前代未聞の歴史書です。


消滅した国々


知っている人も多いと思いますが、吉田一郎さんはさいたま市議会でトップ当選を果たした市議会議員です。あとがきでは大宮市が浦和市、与野市と合併したせいで、さいたまの主権が奪われた事、そして大宮の復活を目指している事、こうした政治活動が消滅した国々の研究に繋がっている事などが載っています。プロフィールの画像は議場で大宮の旗を振っている姿です。


実は2006年に『世界飛び地大全』を出した後、すぐ『消滅した国々』も出そうという話を吉田さんとしていたのですが、さいたま市議会議員になってから、お忙しくなってしまい、結局6年経っての刊行です。


吉田さん曰く、飛び地よりも消滅した国々の方が、身近で分かりやすく、売れる!との事で、私もそう思います。『世界飛び地大全』や『国マニア』はもはや必読文献と言ってもいいですが、そんな世界史マニアにとってバイブルの様な本を今まで沢山出してきた吉田さんが満を持して刊行する『消滅した国々』、面白くないわけありません。


世界史マニアを自認する方はもう買わない訳にはいかないでしょう!



消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183カ国消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183カ国
(2012/11)
吉田 一郎

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

tag : 消滅した国々 吉田一郎 世界飛び地大全 国マニア

プロフィール

ハマザキカク

Author:ハマザキカク
社会評論社のサバカルチャー編集者。チュニジア、フィリピン、イギリス、日本育ち。企画、組み版、カバー、全て一人で行っている。毎日必ず最低一企画は立案している。国際関係、共産趣味、変な物のコレクション、そして珍書を柱に、常時30企画を進めている。

手掛けた作品は
『世界各国女傑列伝』
『敗戦処理首脳列伝』
『ゴム銃大図鑑』
『人種マニア』
『超高層ビビル1・2・3』
『一発朗』
『即席麺サイクロペディア』
『ダメ人間の日本史』
『ダメ人間の世界史』
『ほったいもいじるな』
『エロ語呂世界史年号』
『いんちきおもちゃ大図鑑』
『ニセドイツ1・2』
『アルバニアインターナショナル』
『大使館国際関係史』
『ゴム銃オフィシャルガイドブック』
『時刻表世界史』
『世界の首都移転』
『ファーストフードマニア』
『コーラ白書』
『世界飛び地大全』

等多数。

今までハマザキカク個人名義で書店フェアを9回開催した。ブックファースト梅田店『濱崎誉史朗フェア』、三省堂神保町本店『ハマザキカクフェア』、有隣堂ヨドバシAKIBA『Cool Ja本』『Fool Ja本』マルサン書店『Cool Ja本』ジュンク堂書店新宿店『ゴム銃大図鑑フェア』『松マルクス本舗 松田健二の下で働く濱崎誉史朗が選ぶ共産趣味本』等。

現在有隣堂ヨドバシAKIバカVol4『夏葉原 懐かしい昭和のレトロ本』開催中!!』開催中!

この『Cool Ja本』ブログ2011年度スゴブロ4位受賞!

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせはこちら hamazakikaku●gmail.com or hamazaki●shahyo.com (●を@に変えて下さい)でも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

ハマザキカク関係者リンク
検索フォーム
アクセスカウンター
2011年1月7日から
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。